各クラブ最新無料カタログをお届け
一口ライフをもっと楽しくもっと便利に! 一口馬主の総合情報サイト
無料会員登録はこちらから
2017-05-26現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 一口データ研究室
一口データ研究室
気になるテーマをデータで深く分析する、一口馬主ライフに役立つレポート集
-連載中-
レポートNo.017

募集時の人気と成績の関係

今回は、読者の方からのリクエストに基づきまして、募集時の人気と成績の関係について、分析してみたいと思います。


募集時に人気を集めるということは、つまりは多くの会員から、「この馬は走る」と期待を集めた証拠であり、普通に考えると、そうした馬が走る確率は高そうです。

それでも、一口馬主を長く楽しんでいると、募集時に人気を集めた馬が案外な成績に終わることを目にしたり、あるいは自ら経験することもあるかと思いますが、そうしたケースは期待値が大きかった分、どうしても目立ちやすい存在です。また逆に、募集時にまったく人気の出なかった馬が、大活躍するケースも印象には残りやすく、過去有名なところでは、レッドディザイアなどが挙げられるでしょうか。


それでは、客観的なデータで見て、募集人気と成績がどこまで相関するのか、またそこに何らかの傾向が見いだせれば、今後の出資においても役立つデータが得られそうです。

人気募集馬の定義

分析に当たって、ひとくちに「募集時に人気を集めた馬」と言っても、クラブごとに募集方式や売れ行きなども違いますが、ここでは直感的に分かりやすく「一次募集で満口となった馬」を、「人気募集馬」と定義します。ここでの一次募集とは、初回申込受付期間を指します。

募集開始と同時に即満口になる馬は、抽選などにより出資者の選別が発生し、出資したくてもできなかった人を生み出したということで、一口においては最高の期待値を集めた馬たちと言えるでしょう。プロ野球で例えると、ドラフト1位で複数球団が競合して抽選となった目玉選手に相当するでしょうか。


データ分析の調査対象としては、上記にあてはまる馬が、毎年一定割合以上発生しているクラブの、2017年現在6歳から過去5世代とします。この条件を満たす十分なサンプル数があるのは、具体的には大手社台系の数クラブとなり、今回は全てのクラブ馬が調査対象ではないという点はご了承ください。

この選定で調査サンプルとなったのは、約1200頭です。この中での人気募集馬の割合は、以下の通りとなります。

27%、約4頭に1頭が「人気募集馬」ということになりますが、これに対し、本レポートではそれ以外の馬を「一般募集馬」と定義して、この2つの母集団の成績をデータで比較分析することで、傾向を見ていきます。

人気募集馬の成績

まずはシンプルに、「人気募集馬」と「一般募集馬」の両母集団を比較した総合的なデータで、主要成績指標を見ていきましょう。 …
本レポートは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文3881文字 (現在1044文字まで表示)
人気募集馬の成績 / 人気募集馬のコストパフォーマンス / 性別 / 関東・関西別 / 募集価格帯 / 種牡馬別

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください