一口ライフをもっと楽しくもっと便利に! 一口馬主の総合情報サイト
2019-03-17現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 【一口データ研究室】8.早期入厩・早期デビューは良いこと?
一口データ研究室
気になるテーマをデータで深く分析する、一口馬主ライフに役立つレポート集
-連載中-
レポートNo.008 |

デビュー時期と競走成績の関係

今回は、読者の方からのリクエストに基づきまして、競走馬のデビュー時期と成績の関係ついて、調査していきたいと思います。

従来、「2歳夏にデビューするのは仕上がりの早い短距離早熟馬で、クラシックを目指すような血統馬は秋から冬にかけてのデビュー」が伝統的であった時代がありましたが、ご存じの通り、近年の中央競馬では「ダービーからダービーへ」を合言葉に、ダービーが終わったらすぐに次の世代のクラシックにファンの意識が向かうよう、2歳戦のレース体系も整備されつつあります。

本レポートでは、こうしたレース体系の変遷による影響を調査しつつ、デビュー時期と各種成績との関係性を踏まえ、一口馬主の視点から見た最適なデビュー時期、特に2歳出資時の判断に影響する「早期デビューは良いことなのかどうか」を主眼に考察していきます。

新馬戦の変化

最近の番組体系の変化の中で、新馬戦にも変革の波が押し寄せています。

以下は、2001~2005年と2011~2015年とを比較することで、ここ10年間の開催季節ごとの新馬戦の施行回数割合をグラフにしたものです。

ここ10年での変化としては、2歳夏(6~8月)の新馬戦が増え、2歳秋(9月~12月)は微増、そして3歳春(1~3月)の新馬戦が大幅に減っています。JRAの「早期デビューを推進する」という意図が明確に伝わってくる推移となっています。

これに応じて、実際に競走馬のデビュー時期も変化しています。以下は、月ごとの新馬戦出走頭数割合を、同様に10年前と比較したものです。

おおむね、レース数の割合と同じような傾向を示しました。つまり、10年前と比べると、2歳夏デビューが増え、3歳春デビューが減っている傾向が明らかです。

全体的なトレンドとしては、番組体系の変化をうけ、デビューも早め早めになっているという傾向が見られました。

デビュー時期と勝ち上がり率の関係

それでは、具体的にデビュー時期が成績に及ぼす影響を分析していきましょう。


まずは、勝ち上がり率を見ていきます。 …
本レポートは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文4798文字 (現在862文字まで表示)
新馬戦の変化 / デビュー時期と勝ち上がり率の関係 / デビュー時期とクラシック出走の関係 / デビュー時期と生涯成績の関係 / 一口馬主のコストパフォーマンス考察

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
一口データ研究室
38.転厩の効果とクラブ別転厩傾向 37.JRAの賞金手当は今後も増える? 36.【2018年度】 騎手評価ランキング 35.好不調の波が大きいクラブ、安定したクラブ [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 33.クラブ馬の募集価格の推移と傾向 32.入厩前の手術による影響は? 31.「お買い得」な種牡馬の世代は? 30.新種牡馬の検討において注意すべき世代 29.新種牡馬は2年目産駒が狙い目? 28.種牡馬の年齢と産駒の成績の関係 27.未勝利戦デビューする馬の可能性 26.外国産馬の出資における傾向と対策 25.外国産馬の歴史と現在 24.【2017年度】 騎手評価ランキング [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 22.地方転出→中央復帰馬が活躍する条件 21.重賞馬の下、全兄弟と半兄弟の違いは? 20.兄、姉が重賞馬のコストパフォーマンス 19.管囲が細いと故障も増える? 18.意外と知らない?「測尺」の基本 17.募集時の人気と成績の関係 16.エリート条件馬の選びかた 15.条件馬のままで、どこまで稼げる? 14.牡馬vs牝馬 コストパフォーマンス比較 13.【2016年度】 騎手評価ランキング 12.【クラブ別】馬名応募の傾向と対策 11.新馬戦で勝ち負けできる基準調教タイム 10.母の競走成績と繁殖成績の関係 9.新馬戦の結果で将来はどこまで決まる? 8.早期入厩・早期デビューは良いこと? 7.馬体重と適性、デビュー時期、故障の関係 6.馬体重(馬格)と成績との関係 5.インブリード vs アウトブリード 4.芝馬とダート馬のコストパフォーマンス 3.父と同じ毛色の仔は走る? 2.母の年齢考察 ~母高齢や初仔は? 1.早生まれ、遅生まれは良い?悪い?
(連載中)
著者
一口馬主DB 編集部