各クラブ最新無料カタログをお届け
一口ライフをもっと楽しくもっと便利に! 一口馬主の総合情報サイト
2018-10-20現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 一口データ研究室
一口データ研究室
気になるテーマをデータで深く分析する、一口馬主ライフに役立つレポート集
-連載中-
2018/04/26公開
レポートNo.028

種牡馬の年齢と産駒の成績の関係

2018年のクラシック初戦は、牡馬牝馬ともに、ロードカナロアとオルフェーヴルという、昨年デビューの新種牡馬産駒が勝利し、少し顔ぶれが固定化しつつあった種牡馬界においても、新時代を感じさせる結果となりました。

思えば、かつての3大種牡馬であったサンデーサイレンス、ブライアンズタイム、トニービンも、初年度産駒から春のクラシック4冠のうち3冠を制して、圧巻の種牡馬デビューを飾りました。ディープインパクトも初年度から桜花賞、キングカメハメハのみは、これら大種牡馬の中では例外的に初年度は大物不在だったものの、2世代目にはオークス馬を輩出しました。血統史に残るような大種牡馬は、やはり早い段階からクラシックでインパクトのある結果を残しています。


一口馬主の出資検討においては、現在の名種牡馬、新たな活躍種牡馬、そして今後の新種牡馬まで考えると、楽しみとともに、今後数年間は目移して頭を悩まされる時代に入ったと言えるかもしれません。


今回は、そんな世代が入り混じる現在の種牡馬界を考える一つの指針として、種牡馬の年齢と産駒成績の関係について、大局的に分析していきます。以前、第2回で母の年齢が競走成績に与える影響を考察しましたが、母同様に、父の年齢も産駒に影響を与えているのかどうかをデータで考えます。

なお、本レポートでは便宜上「馬齢」を「年齢」として表現させて頂きます。

現在の種牡馬界は高齢化進行中?

さて、ロードカナロアとオルフェーヴルの活躍が、新風として競馬界に受け止められたのは、裏を返せば、長らく新世代のスター種牡馬候補が不足していた現状があります。以下は、2017年度のリーディングサイヤーとその年齢です。

2017年度 種牡馬リーディングTOP10
馬名年齢
1ディープインパクト16
2キングカメハメハ17
3ステイゴールド
4ハーツクライ17
5ダイワメジャー17
6ハービンジャー12
7クロフネ20
8マンハッタンカフェ
9ゴールドアリュール
10ブラックタイド17
※年齢は2018年現在 [-]は種牡馬引退済


見ての通り、ハービンジャーを除くすべての馬が16歳以上、もしくは高齢による引退もしくは死亡済の種牡馬です。特に17歳は4頭もランクインしており、2001年産は種牡馬の大豊作世代であったことにあらためて驚かされます。

種牡馬の総合リーディングで上位に食い込むには、世代が少しでも多い方が当然ながら有利なため、若い種牡馬が上位に来ることはなかなか難しいという面もありますが、ディープインパクトやキングカメハメハが、ともに10歳で早々とトップの座に着いていることを考えると、ここ数年、なかなか世代交代が進んでいなかったことがうかがえます。また、サンデーサイレンスの直仔がまだ10頭中7頭もいることを考えると、サンデーサイレンスが種牡馬の父としても偉大すぎた、という見方もできるのかもしれません。


もちろん、16歳、17歳といった年齢は、健康に問題さえ無ければ、種牡馬としてはまだまだ活躍できますので、これら現役の一流サイヤーたちは、これからも多くの名馬を生み出してくれることでしょう。

一方で、これがもし「繁殖牝馬」の年齢として考えるとどうでしょうか。そろそろ高齢の域に掛かっているという見方もできるのではないでしょうか。現在のスター種牡馬たちが揃って高齢に近づく現状においては、種牡馬の年齢が産駒の成績に影響を及ぼすのかどうか、少し気になるところです。

年齢別産駒数

それでは、全体的なデータを俯瞰していきましょう。

まずは、ボリュームを見ていきましょう。以下は、2000年産以降の中央競馬出走馬における、種牡馬の年齢別の産駒数をグラフにしたものです。一部外国種牡馬は除きます。

なお、第2回で母年齢を分析した際は「出生時の母年齢」としましたが、今回は種牡馬の年齢がテーマということから、「種付け時の父年齢」、つまり出生1年前の種牡馬年齢となります。




日本では欧米とは違い、種牡馬になるような馬でも、比較的長く現役を続けるケースが多いため、ボリュームが増え始めるのはやはり6歳頃からとなり、9歳がピークとなっています。以降は10歳、12歳、14歳でそれぞれ大きく数を減らしつつ、14歳以降はなだらかに減っていく形となります。

現役時同様、種牡馬の世界も超競争社会です。6歳から種付けを開始した場合、クラシックの結果が明らかになる3年後、グラフでもちょうど10歳から淘汰がはじまっていることがうかがえます。第2回で見た母年齢別のグラフと比較すると、牡馬の方が現役を長く続ける分、ピークが少し後ろに来ていますが、その後の減少の度合いは繁殖牝馬よりも種牡馬の方がやや急ピッチであり、それだけ競争環境が激しいことがうかがえます。

これを見ると、先ほどのサイヤーランキングのように、16歳17歳まで種牡馬を続けられるのは、ごく一部のエリート種牡馬だけということもうかがえます。

種牡馬の年齢別産駒成績

それでは、いよいよ具体的な成績数値を見ていきましょう。 …
本レポートは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文3683文字 (現在2083文字まで表示)
現在の種牡馬界は高齢化進行中? / 年齢別産駒数 / 種牡馬の年齢別産駒成績 / 若年時のブースト

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
一口データ研究室
33.クラブ馬の募集価格の推移と傾向 32.入厩前の手術による影響は? 31.「お買い得」な種牡馬の世代は? 30.新種牡馬の検討において注意すべき世代 29.新種牡馬は2年目産駒が狙い目? 28.種牡馬の年齢と産駒の成績の関係 27.未勝利戦デビューする馬の可能性 26.外国産馬の出資における傾向と対策 25.外国産馬の歴史と現在 24.【2017年度】 騎手評価ランキング [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 22.地方転出→中央復帰馬が活躍する条件 21.重賞馬の下、全兄弟と半兄弟の違いは? 20.兄、姉が重賞馬のコストパフォーマンス 19.管囲が細いと故障も増える? 18.意外と知らない?「測尺」の基本 17.募集時の人気と成績の関係 16.エリート条件馬の選びかた 15.条件馬のままで、どこまで稼げる? 14.牡馬vs牝馬 コストパフォーマンス比較 13.【2016年度】 騎手評価ランキング 12.【クラブ別】馬名応募の傾向と対策 11.新馬戦で勝ち負けできる基準調教タイム 10.母の競走成績と繁殖成績の関係 9.新馬戦の結果で将来はどこまで決まる? 8.早期入厩・早期デビューは良いこと? 7.馬体重と適性、デビュー時期、故障の関係 6.馬体重(馬格)と成績との関係 5.インブリード vs アウトブリード 4.芝馬とダート馬のコストパフォーマンス 3.父と同じ毛色の仔は走る? 2.母の年齢考察 ~母高齢や初仔は? 1.早生まれ、遅生まれは良い?悪い?
(連載中)
著者
一口馬主DB 編集部