各クラブ最新無料カタログをお届け
一口ライフをもっと楽しくもっと便利に! 一口馬主の総合情報サイト
無料会員登録はこちらから
2017-11-19現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 一口データ研究室
一口データ研究室
気になるテーマをデータで深く分析する、一口馬主ライフに役立つレポート集
-連載中-
レポートNo.022

地方転出→中央復帰馬が活躍する条件

今回は、地方からの中央復帰について考察してみたいと思います。

一口馬主になると痛感しますが、中央競馬で勝ち上がるのは決して簡単なことではなく、実際に7割近くの中央デビュー馬、一口クラブ馬に限っても6割前後の馬が、未勝利のまま短い競走生活を終えて引退していく、厳しい勝負の世界です。

一方で、これも一口馬主であればご存知の通り、そうした未勝利で終わった馬たちにも、地方競馬に転籍して一定要件を満たすことで、中央競馬復帰の道が開かれています。

復帰のための要件は、昔より厳しくなっている傾向にはありますが、そうした救われた馬の中から、オープン、重賞クラスまで出世する馬も多数出ており、以下はそうした「出戻り馬」の2000年産以降の獲得賞金ランキングです。

1マジンプロスパー2億3,612万
2サマーウインド2億3,382万
3ミリオンディスク2億2,806万
4ゴルトブリッツ2億2,215万
5アグネスラズベリ2億1,113万
5シーキングザベスト2億0,590万
7タッチミーノット1億9,691万
8アーバニティ1億8,185万
9ダンスアジョイ1億7,358万
10フェデラリスト1億7,035万


サマーウインドミリオンディスクゴルトブリッツアーバニティフェデラリストなどクラブ馬も多く見られ、出資者の方は、通常の活躍馬よりも波乱に満ちたドラマを味わったことでしょう。

今回のレポートでは、こうした中央復帰馬について全体像を俯瞰しながら、復帰後に大活躍する馬の傾向なども分析していきたいと思います。

中央復帰の傾向

まず、中央復帰の要件が昔より厳しくなっている、と書きましたが、具体的なルールの変遷を要約すると以下の通りです。

~2004年5回以上出走 or 1勝以上
2005~2008年5回以上出走&1勝以上 もしくは 2勝以上
2009~20122勝以上
2013年~3歳までに2勝以上 もしくは 4歳以上3勝以上


2004年までは、「とにかく地方で5回走れば戻ってこれる」という、今から考えるとかなり牧歌的な、ユルいルールでした。その後、勝利条件が必須になり、徐々にそのハードルが上がっていった形で、現在では「3歳までに2勝以上」もしくは「3勝以上」が復帰の条件となっています。

実際に中央復帰した馬の頭数の変遷は以下のようになっています。

ルールは抹消年度ベースで、上記は産年度ベースなので少し分かりずらいのですが、2004年産~2009年産あたりがピークといえそうなグラフとなりました。2013年からのルール改定の影響を受けはじめたのが、2010年産からとなるのですが、ここからやや落ち始めています。とは言え、ピークから10~20%程度の減少で、急減したとまでは言えず、制度は機能していると言えます。なお、グラフ最後の2013年産は、現4歳ですので、まだこれから増えていくと思われます。

出戻り馬の成績

続いては、そうして中央復帰した馬が、どれだけ活躍しているのかを見ていきましょう。

残念ながら出資馬が未勝利戦を勝ち上がれず、地方転籍しての中央復帰を目指すことになった場合、「ちゃんと中央に戻れるのか」と同時に、「無事戻ってこれたとして、本当に中央で通用するのかどうか」といったことも懸念される場合もあるかと思います。なにしろ、多かれ少なかれ不運もあったでしょうが、3歳秋までには未勝利戦を勝ち上がれなかった馬です。

中央復帰後に期待する水準としては、冒頭に掲げたようなオープンで大活躍することがもちろん大目標となるでしょうが、少なくとも500万下で上位争いをして、最終的には1000万下には上がるというのが、期待する最低ラインかと思われます。


では、実際に中央復帰した馬は、その後どの程度活躍しているのでしょうか。ここでは分かりやすいデータとして、出戻り馬が復帰後に500万下を勝ち上がる確率を、一般的な500万下出走馬と比較してみました。集計対象は2000年産以降、現6歳の2011年産までのデータで、以降のデータも同様です。

中央復帰馬が500万下を勝ち上がる確率は約18%。一般的な500万下出走馬は36%ですから、ちょうど半分の確率です。未勝利戦を勝ち上がれなかった馬たちが、2割近くも1000万下まで到達していると考えると、十分健闘しているという見方もできるかとは思いますが、単純な確率論では、一般的な馬たちにやや見劣りすることは否めません。

どのような馬が中央復帰後に活躍するのか

さて、全体的にはやや苦戦傾向が見られるものの、冒頭に掲げたような大活躍馬が一定割合出ていることも事実です。
それでは、中央復帰馬の中でも、どういった馬が活躍しやすいのかを見ていきたいと思います。 …
本レポートは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文4061文字 (現在1948文字まで表示)
中央復帰の傾向 / 出戻り馬の成績 / どのような馬が中央復帰後に活躍するのか / 芝馬か、ダート馬か / どこを再起の場に選ぶか

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください