2021-06-12現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 地方転出→中央復帰馬が活躍する条件【一口データ研究室】
一口データ研究室
気になるテーマをデータで深く分析する、一口馬主ライフに役立つレポート集
-連載中-
レポートNo.022 |

地方転出→中央復帰馬が活躍する条件

今回は、地方からの中央復帰について考察してみたいと思います。

一口馬主になると痛感しますが、中央競馬で勝ち上がるのは決して簡単なことではなく、実際に7割近くの中央デビュー馬、一口クラブ馬に限っても6割前後の馬が、未勝利のまま短い競走生活を終えて引退していく、厳しい勝負の世界です。

一方で、これも一口馬主であればご存知の通り、そうした未勝利で終わった馬たちにも、地方競馬に転籍して一定要件を満たすことで、中央競馬復帰の道が開かれています。

復帰のための要件は、昔より厳しくなっている傾向にはありますが、このルールに救われた馬の中から、オープン、重賞クラスまで出世する馬も多数出ており、以下はそうした「出戻り馬」の2000年産以降の獲得賞金ランキングです。

1マジンプロスパー2億3,612万
2サマーウインド2億3,382万
3ミリオンディスク2億2,806万
4ゴルトブリッツ2億2,215万
5アグネスラズベリ2億1,113万
5シーキングザベスト2億0,590万
7タッチミーノット1億9,691万
8アーバニティ1億8,185万
9ダンスアジョイ1億7,358万
10フェデラリスト1億7,035万


サマーウインドミリオンディスクゴルトブリッツアーバニティフェデラリストなどクラブ馬も多く見られ、出資者の方は、通常の活躍馬よりも波乱に満ちたドラマを味わったことでしょう。

今回のレポートでは、こうした中央復帰馬について全体像を俯瞰しながら、復帰後に大活躍する馬の傾向なども分析していきたいと思います。

中央復帰の傾向

まず、中央復帰の要件が昔より厳しくなっている、と書きましたが、具体的なルールの変遷を要約すると以下の通りです。

~2004年5回以上出走 or 1勝以上
2005~2008年5回以上出走&1勝以上 もしくは 2勝以上
2009~20122勝以上
2013年~3歳までに2勝以上 もしくは 4歳以上3勝以上


2004年までは、「とにかく地方で5回走れば戻ってこれる」という、今から考えると牧歌的ともいえる、ユルいルールでした。その後、勝利条件が必須になり、徐々にそのハードルが上がっていった形で、現在では「3歳までに2勝以上」もしくは「3勝以上」が復帰の条件となっています。

実際に中央復帰した馬の頭数の変遷は以下のようになっています。

ルールは抹消年度ベースで、上記は産年度ベースなので少し分かりずらいのですが、2004年産~2009年産あたりがピークといえそうなグラフとなりました。2013年からのルール改定の影響を受けはじめたのが、2010年産からとなるのですが、ここからやや落ち始めています。とは言え、ピークから10~20%程度の減少で、急減したとまでは言えず、制度は今も機能していると言えます。なお、グラフ最後の2013年産は、現4歳ですので、まだこれから増えていくと思われます。

出戻り馬の成績

続いては、そうして中央復帰した馬が、どれだけ活躍しているのかを見ていきましょう。

残念ながら出資馬が未勝利戦を勝ち上がれず、地方転籍しての中央復帰を目指すことになった場合、「ちゃんと中央に戻れるのか」と同時に、「無事戻ってこれたとして、本当に中央で通用するのかどうか」といったことも懸念される場合もあるかと思います。なにしろ、多かれ少なかれ不運もあったでしょうが、3歳秋までには未勝利戦を勝ち上がれなかった馬です。

中央復帰後に期待する水準としては、冒頭に掲げたようなオープンで大活躍することがもちろん大目標となるでしょうが、少なくとも500万下で上位争いをして、最終的には1000万下には上がるというのが、期待する最低ラインかと思われます。


では、実際に中央復帰した馬は、その後どの程度活躍しているのでしょうか。ここでは分かりやすいデータとして、出戻り馬が復帰後に500万下を勝ち上がる確率を、一般的な500万下出走馬と比較してみました。集計対象は2000年産以降、現6歳の2011年産までのデータで、以降のデータも同様です。

中央復帰馬が500万下を勝ち上がる確率は約18%。一般的な500万下出走馬は36%ですから、ちょうど半分の確率です。未勝利戦を勝ち上がれなかった馬たちが、2割近くも1000万下まで到達していると考えると、十分健闘しているという見方もできるかとは思いますが、単純な確率論では、一般的な馬たちにやや見劣りすることは否めません。

どのような馬が中央復帰後に活躍するのか

さて、全体的にはやや苦戦傾向が見られるものの、冒頭に掲げたような大活躍馬が一定割合出ていることも事実です。
それでは、中央復帰馬の中でも、どういった馬が活躍しやすいのかを見ていきたいと思います。 …
本レポートは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文4066文字 (現在1953文字まで表示)
中央復帰の傾向 / 出戻り馬の成績 / どのような馬が中央復帰後に活躍するのか / 芝馬か、ダート馬か / どこを再起の場に選ぶか

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
一口データ研究室
「馬が買えない時代」のクラブ掛け持ち戦略【後編】 「馬が買えない時代」のクラブ掛け持ち戦略【前編】 「3アウト」から復活する馬の可能性 去勢は本当に効果があるのか検証する 「3歳3月新馬戦廃止」の影響を考える 【2020年度】 年間騎手評価ランキング 未勝利のまま中央で続戦する馬の可能性 [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 2020年クラシック世代「クラブ3冠」ランキング 輸入繁殖産駒、国別の成績傾向と対策 輸入繁殖産駒の躍進と国別ランキング 募集価格1000万円台馬の活躍可能性を考える 母父サンデーサイレンス系の攻略辞典 母父キングカメハメハVS母父ディープインパクト クラブ馬の「東西格差」はどこまである? ダートの大物を引き当てる難易度と出資時ポイント 「京都競馬場長期休止」で笑う種牡馬、泣く種牡馬 【2019年度】 年間騎手評価ランキング 馬券回収率の高いクラブ、低いクラブは? [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 親の健康から産駒の健康を予測する クラブ馬でクラシックを狙うための傾向と対策 出資馬が毎週出走するには、何頭必要? 短距離系種牡馬はお買い得? 新規開業調教師への出資時ポイント 「超高額馬」のコストパフォーマンス 調教師定年転厩の影響&再生が得意な厩舎 転厩の効果とクラブ別転厩傾向 JRAの賞金手当は今後も増える? 【2018年度】 騎手評価ランキング 好不調の波が大きいクラブ、安定したクラブ [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 クラブ馬の募集価格の推移と傾向 入厩前の手術による影響は? 「お買い得」な種牡馬の世代は? 新種牡馬の検討において注意すべき世代 新種牡馬は2年目産駒が狙い目? 種牡馬の年齢と産駒の成績の関係 未勝利戦デビューする馬の可能性 外国産馬の出資における傾向と対策 外国産馬の歴史と現在 【2017年度】 騎手評価ランキング [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 地方転出→中央復帰馬が活躍する条件 重賞馬の下、全兄弟と半兄弟の違いは? 兄、姉が重賞馬のコストパフォーマンス 管囲が細いと故障も増える? 意外と知らない?「測尺」の基本 募集時の人気と成績の関係 エリート条件馬の選びかた 条件馬のままで、どこまで稼げる? 牡馬vs牝馬 コストパフォーマンス比較 【2016年度】 騎手評価ランキング 【クラブ別】馬名応募の傾向と対策 新馬戦で勝ち負けできる基準調教タイム 母の競走成績と繁殖成績の関係 新馬戦の結果で将来はどこまで決まる? 早期入厩・早期デビューは良いこと? 馬体重と適性、デビュー時期、故障の関係 馬体重(馬格)と成績との関係 インブリード vs アウトブリード 芝馬とダート馬のコストパフォーマンス 父と同じ毛色の仔は走る? 母の年齢考察 ~母高齢や初仔は? 早生まれ、遅生まれは良い?悪い?
(連載中)
著者
一口馬主DB 編集部