2024-07-13現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 2歳新種牡馬:初年度8月終了時点の通信簿【一口データ研究室】
一口データ研究室
気になるテーマをデータで深く分析する、一口馬主ライフに役立つレポート集
-連載中-
レポートNo.092 |

2歳新種牡馬:初年度8月終了時点の通信簿

主要新種牡馬4頭の現在地を分析
新種牡馬スワーヴリチャードが好調なスタートを切っています。

8月終了時点で早くも10頭が勝ち上がり、ファーストシーズンサイアーのみならず、2歳リーディングサイアーでもトップを走っています。

この勝ち上がりがどれほど速いペースなのか、過去の新種牡馬の初年度世代と比較してみました。

新種牡馬初年度産駒
2歳8月終了時点での勝ち上がり頭数

勝利
頭数
種牡馬
(デビュー年)
10頭サンデーサイレンス(1994)
スワーヴリチャード(2023)
9頭キズナ(2019)
ドゥラメンテ(2020)
8頭ジャスタウェイ(2018)
エピファネイア(2019)
7頭該当種牡馬なし
1994年以降/中央競馬成績

スワーヴリチャードは8月終了時点において堂々のトップであり、あのサンデーサイレンスに肩を並べるペースで勝ち馬を量産していることがわかります。

サンデーサイレンス以外は比較的最近の種牡馬で占められていますが、これは近年の種牡馬1頭あたりの種付け頭数や、夏競馬における2歳戦の増加が影響しています。

そんな中、スワーヴリチャードの初年度血統登録数は82頭と、最近の社台SSの新種牡馬としては決して多くはない点に価値があります。たとえばキズナ初年度の182頭、ドゥラメンテ189頭に比べると半分以下の頭数です。


ちなみにサンデーサイレンスの場合は、時代が違うということもありますが、初年度血統登録数は67頭とスワーヴリチャードをさらに下回り、そしてなによりも夏競馬における2歳戦は現在の半数程度であった頃の記録です。当時における傑出度という点では、抜きんでた存在であったことがあらためて実感できます。


本レポートでは、本年産駒デビューの新種牡馬の中からリーディング上位を何頭かピックアップし、ここまでの成績を1頭ずつデータで俯瞰しつつ、過去の種牡馬との比較も交えながら、特徴や今後の動向などを考察していきます。

人間に例えると、小学校1年生の通信簿と言ったところでしょうか。これで将来がすべて分かるわけではないものの、一定の個性は見えてくるはずです。

募集開始時期が秋以降となるクラブでは、2歳新種牡馬の動向をある程度把握した上で出資に臨めるのがメリットの1つと言えますので、本年これからの出資馬検討の参考になれば幸いです。

今回は執筆時点におけるファーストシーズンサイアーのリーディング順に、スワーヴリチャード、ブリックスアンドモルタル、ニューイヤーズデイ、レイデオロの4頭を紹介していきます。 …
本レポートは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文5366文字 (現在1068文字まで表示)
スワーヴリチャード / ブリックスアンドモルタル / ニューイヤーズデイ / レイデオロ

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
一口データ研究室
大物が出やすい募集価格に変化の兆し? 牝馬(の方)が得意な厩舎7選 母と同じ厩舎に預託される馬の活躍可能性 「左後一白の馬は走る」は本当? ダート3冠への出走条件から考える「今後のダート馬出資戦略」 未勝利続戦馬の「解放元年」 【2023年度】 年間騎手評価ランキング 春クラシック切符をつかむための「勝ち上がり期限」 [更新]新馬戦勝ち負け基準タイム2023 2023年クラシック世代「クラブ3冠」ランキング 2歳新種牡馬:初年度8月終了時点の通信簿 ブレイク直前!若手調教師名鑑2023 「空胎明けの仔は走る」は本当? 2023年に覚えておきたい「次世代ニックス」10選 「未勝利善戦マン」が出世する可能性は? ブラックタイプで確認すべき「近親活躍馬」の優先順位 「早生まれ」のクラシック活躍可能性【2023年度版】 2023年度のJRA賞金・ルール変更を読み解く 【2022年度】 年間騎手評価ランキング 中央から地方に移籍してどこまで稼げる? [更新]新馬戦勝ち負け基準タイム2022 2022年クラシック世代「クラブ3冠」ランキング 2022年クラブ別出資攻略ガイド 【vol.4】 2022年クラブ別出資攻略ガイド 【vol.3】 2022年クラブ別出資攻略ガイド 【vol.2】 2022年クラブ別出資攻略ガイド 【vol.1】 サンデーサイレンスのクロス効果はどこまで本物? クラブ馬の「3勝クラスの壁」について考える 出資馬が「障害入り」したときに知っておくべきポイント 2022年度のJRA賞金・ルール変更を読み解く 【2021年度】 年間騎手評価ランキング 馬名応募のクラブ別傾向と対策 2021 [更新]新馬戦勝ち負け基準タイム2021 2021年クラシック世代「クラブ3冠」ランキング 「初仔」出資時に注意すべきポイントと狙い目 ポスト・ディープインパクト時代の出資戦略 厩舎の「距離適性」はどこまで重要か 「馬が買えない時代」のクラブ掛け持ち戦略【後編】 「馬が買えない時代」のクラブ掛け持ち戦略【前編】 「3アウト」から復活する馬の可能性 去勢は本当に効果があるのか検証する 「3歳3月新馬戦廃止」の影響を考える 【2020年度】 年間騎手評価ランキング 未勝利のまま中央で続戦する馬の可能性 [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 2020年クラシック世代「クラブ3冠」ランキング 輸入繁殖産駒、国別の成績傾向と対策 輸入繁殖産駒の躍進と国別ランキング 募集価格1000万円台馬の活躍可能性を考える 母父サンデーサイレンス系の攻略辞典 母父キングカメハメハVS母父ディープインパクト クラブ馬の「東西格差」はどこまである? ダートの大物を引き当てる難易度と出資時ポイント 「京都競馬場長期休止」で笑う種牡馬、泣く種牡馬 【2019年度】 年間騎手評価ランキング 馬券回収率の高いクラブ、低いクラブは? [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 親の健康から産駒の健康を予測する クラブ馬でクラシックを狙うための傾向と対策 出資馬が毎週出走するには、何頭必要? 短距離系種牡馬はお買い得? 新規開業調教師への出資時ポイント 「超高額馬」のコストパフォーマンス 調教師定年転厩の影響&再生が得意な厩舎 転厩の効果とクラブ別転厩傾向 JRAの賞金手当は今後も増える? 【2018年度】 騎手評価ランキング 好不調の波が大きいクラブ、安定したクラブ [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 クラブ馬の募集価格の推移と傾向 入厩前の手術による影響は? 「お買い得」な種牡馬の世代は? 新種牡馬の検討において注意すべき世代 新種牡馬は2年目産駒が狙い目? 種牡馬の年齢と産駒の成績の関係 未勝利戦デビューする馬の可能性 外国産馬の出資における傾向と対策 外国産馬の歴史と現在 【2017年度】 騎手評価ランキング [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 地方転出→中央復帰馬が活躍する条件 重賞馬の下、全兄弟と半兄弟の違いは? 兄、姉が重賞馬のコストパフォーマンス 管囲が細いと故障も増える? 意外と知らない?「測尺」の基本 募集時の人気と成績の関係 エリート条件馬の選びかた 条件馬のままで、どこまで稼げる? 牡馬vs牝馬 コストパフォーマンス比較 【2016年度】 騎手評価ランキング 【クラブ別】馬名応募の傾向と対策 新馬戦で勝ち負けできる基準調教タイム 母の競走成績と繁殖成績の関係 新馬戦の結果で将来はどこまで決まる? 早期入厩・早期デビューは良いこと? 馬体重と適性、デビュー時期、故障の関係 馬体重(馬格)と成績との関係 インブリード vs アウトブリード 芝馬とダート馬のコストパフォーマンス 父と同じ毛色の仔は走る? 母の年齢考察 ~母高齢や初仔は? 早生まれ、遅生まれは良い?悪い?
(連載中)
著者
一口馬主DB 編集部