2024-04-21現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > ブレイク直前!若手調教師名鑑2023【一口データ研究室】
一口データ研究室
気になるテーマをデータで深く分析する、一口馬主ライフに役立つレポート集
-連載中-
レポートNo.091 |

これからのブレイクが期待される若手調教師名鑑2023

早くから活躍する調教師が増加中
本年の調教師リーディングにおいて、ちょっとした「異変」が起こっています。40代若手調教師の躍進です。

2023年 中央競馬 調教師全国リーディング

調教師勝利数年齢
1杉山晴紀34勝41歳
2中内田充正31勝44歳
3矢作芳人29勝62歳
4斎藤誠26勝52歳
5上村洋行24勝49歳
5清水久詞24勝51歳
7橋口慎介23勝48歳
8国枝栄22勝68歳
9堀宣行22勝55歳
10寺島良22勝42歳
2023年7月末時点


トップを争う杉山晴紀師、中内田充正師をはじめ、開業10年に満たない40代の若手調教師がトップ10のうち5人と半数を占めています。

あくまで7月時点の成績であり、まだ最終的にどうなるかは分かりませんが、勢いを感じさせる情勢です。

こうした予兆は、実は昨年からありました。


2023年は7月末時点


調教師リーディングTOP10を年代別構成で見ると、それまで安定していた60代のゾーンが2022年を機に減っていることが確認できます。調教師には定年があり、減少した枠は新規開業で補うため、常に新陳代謝が促される構造にはなっていますが、経験や人脈が大きくものを言う調教師界において、下からの突き上げが大きくなることは珍しいと言えます。

これは昨今、新興馬主がセリ市で躍動していることも背景にありそうです。若いオーナーがこれから中央競馬で長く馬主ライフを続けようと思えば、最初から自分と同年代、あるいはさらに下の世代の調教師との人脈を築いた方が後々無駄になりません。あるいはもっと単純に、同年代の方が話がしやすく気心も合いやすいということもあるでしょう。

若手調教師にとっては、以前よりも馬の質・量を早くから高めやすい時代になっていると言えます。その分経験値も早く溜まるため、厩舎の実力を付けやすいとも言えます。私たち一口馬主としても、こうした時代の変化は意識しておきたいところです。

早くからブレイクする調教師の特徴

とはいえ、いざ本当に若手厩舎、特に開業間もない厩舎の馬に出資するとなると、まだ判断材料も少ないため相応の勇気が必要となるはずです。いくら活躍する若手調教師が増えているとはいえ、厳しい競争社会ゆえ、最終的にトップクラスまで昇り詰める厩舎は限られます。

そこで今回は、早期のブレイクが見込まれる調教師を独自の基準で選んで紹介したいと思います。

具体的には「今後数年でトップクラスに急成長する可能性を秘めた厩舎」とし、開業5年目以内の調教師の中から、データで厳選した6厩舎を取り上げます。

「開業5年目以内」としたのは、もちろん若手調教師をターゲットにするためではありますが、データで見ていくと早期にブレイクするにあたって、1つの分かりやすい目安があることも理由です。


2023年7月下旬時点/開業前調教師は除く


たとえば上記は、最近若くしてブレイクした調教師の代表格と言える、杉山晴紀師、中内田充正師、斉藤崇史師の開業からの勝利数推移です。

こうした早期に「ブランド化」した調教師であっても、開業1~3年目でリーディング上位に来るような顕著な勝利数を挙げることはありません。まず馬房数の制限がありますし、実績をあげて入厩馬の質量を上げるサイクルを回していくには、やはり相応の月日がかかるものです。

その中でこの3人に共通しているのは、歩みはそれぞれ異なりますが、おおむね右肩上がりに勝ち星を伸ばして、開業5年目までに「年間30勝」をクリアしていることです。またこれはこの3人だけではなく、たとえば矢作芳人師や須貝尚介師、池江泰寿師など、2000年以降に開業して早期ブレイクした調教師に多く当てはまります。

年間30勝はリーディング順位で言うと30位前後であり、一般的にはそれほど目立つ成績とは言えませんが、若手調教師の将来性を占う上で有効な指標となりえることが分かります。


今回はこうした指標を独自にいくつか設定した上で、一定数をクリアした調教師を厳選して紹介していきます。それでは、見ていきましょう。


※以下、各データは2023年7月下旬現在
49歳・5年目
1)本格芝馬の育成に期待
関西 上村洋行厩舎
1人目は、7月時点で本年リーディング5位と大躍進中の上村洋行調教師です。以前からの競馬ファンにとっては騎手時代のイメージがまだ強いかもしれませんが、騎手引退後、調教助手を経て2019年に開業しました。

開業後は初年度に2桁勝利を達成、以降も毎年着実にリーディング順位を上げ、4年目の昨年には30勝をクリアしています。そして5年目の今年はべラジオオペラでスプリングSを制して厩舎の初重賞勝利を飾り、本番のダービーでも4着と好走しました。まさに順風満帆のキャリアを築きつつあると言えるでしょう。

同馬や阪神大賞典2着アイアンバローズなどに象徴されるように、開業間もない厩舎では珍しく「芝の中長距離馬」の育成を得意としている点が特徴であり、芝レースにおける勝率は年々上昇の一途を辿っています。

社台グループを中心にクラブ馬の預託数も徐々に増え始めているため、今後も王道路線での活躍馬輩出を期待したい厩舎と言えます。 …
本レポートは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文4555文字 (現在2147文字まで表示)
早くからブレイクする調教師の特徴 / 今後数年でトップクラスに急成長する可能性を秘めた厩舎名鑑

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
一口データ研究室
「左後一白の馬は走る」は本当? ダート3冠への出走条件から考える「今後のダート馬出資戦略」 未勝利続戦馬の「解放元年」 【2023年度】 年間騎手評価ランキング 春クラシック切符をつかむための「勝ち上がり期限」 [更新]新馬戦勝ち負け基準タイム2023 2023年クラシック世代「クラブ3冠」ランキング 2歳新種牡馬:初年度8月終了時点の通信簿 ブレイク直前!若手調教師名鑑2023 「空胎明けの仔は走る」は本当? 2023年に覚えておきたい「次世代ニックス」10選 「未勝利善戦マン」が出世する可能性は? ブラックタイプで確認すべき「近親活躍馬」の優先順位 「早生まれ」のクラシック活躍可能性【2023年度版】 2023年度のJRA賞金・ルール変更を読み解く 【2022年度】 年間騎手評価ランキング 中央から地方に移籍してどこまで稼げる? [更新]新馬戦勝ち負け基準タイム2022 2022年クラシック世代「クラブ3冠」ランキング 2022年クラブ別出資攻略ガイド 【vol.4】 2022年クラブ別出資攻略ガイド 【vol.3】 2022年クラブ別出資攻略ガイド 【vol.2】 2022年クラブ別出資攻略ガイド 【vol.1】 サンデーサイレンスのクロス効果はどこまで本物? クラブ馬の「3勝クラスの壁」について考える 出資馬が「障害入り」したときに知っておくべきポイント 2022年度のJRA賞金・ルール変更を読み解く 【2021年度】 年間騎手評価ランキング 馬名応募のクラブ別傾向と対策 2021 [更新]新馬戦勝ち負け基準タイム2021 2021年クラシック世代「クラブ3冠」ランキング 「初仔」出資時に注意すべきポイントと狙い目 ポスト・ディープインパクト時代の出資戦略 厩舎の「距離適性」はどこまで重要か 「馬が買えない時代」のクラブ掛け持ち戦略【後編】 「馬が買えない時代」のクラブ掛け持ち戦略【前編】 「3アウト」から復活する馬の可能性 去勢は本当に効果があるのか検証する 「3歳3月新馬戦廃止」の影響を考える 【2020年度】 年間騎手評価ランキング 未勝利のまま中央で続戦する馬の可能性 [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 2020年クラシック世代「クラブ3冠」ランキング 輸入繁殖産駒、国別の成績傾向と対策 輸入繁殖産駒の躍進と国別ランキング 募集価格1000万円台馬の活躍可能性を考える 母父サンデーサイレンス系の攻略辞典 母父キングカメハメハVS母父ディープインパクト クラブ馬の「東西格差」はどこまである? ダートの大物を引き当てる難易度と出資時ポイント 「京都競馬場長期休止」で笑う種牡馬、泣く種牡馬 【2019年度】 年間騎手評価ランキング 馬券回収率の高いクラブ、低いクラブは? [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 親の健康から産駒の健康を予測する クラブ馬でクラシックを狙うための傾向と対策 出資馬が毎週出走するには、何頭必要? 短距離系種牡馬はお買い得? 新規開業調教師への出資時ポイント 「超高額馬」のコストパフォーマンス 調教師定年転厩の影響&再生が得意な厩舎 転厩の効果とクラブ別転厩傾向 JRAの賞金手当は今後も増える? 【2018年度】 騎手評価ランキング 好不調の波が大きいクラブ、安定したクラブ [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 クラブ馬の募集価格の推移と傾向 入厩前の手術による影響は? 「お買い得」な種牡馬の世代は? 新種牡馬の検討において注意すべき世代 新種牡馬は2年目産駒が狙い目? 種牡馬の年齢と産駒の成績の関係 未勝利戦デビューする馬の可能性 外国産馬の出資における傾向と対策 外国産馬の歴史と現在 【2017年度】 騎手評価ランキング [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 地方転出→中央復帰馬が活躍する条件 重賞馬の下、全兄弟と半兄弟の違いは? 兄、姉が重賞馬のコストパフォーマンス 管囲が細いと故障も増える? 意外と知らない?「測尺」の基本 募集時の人気と成績の関係 エリート条件馬の選びかた 条件馬のままで、どこまで稼げる? 牡馬vs牝馬 コストパフォーマンス比較 【2016年度】 騎手評価ランキング 【クラブ別】馬名応募の傾向と対策 新馬戦で勝ち負けできる基準調教タイム 母の競走成績と繁殖成績の関係 新馬戦の結果で将来はどこまで決まる? 早期入厩・早期デビューは良いこと? 馬体重と適性、デビュー時期、故障の関係 馬体重(馬格)と成績との関係 インブリード vs アウトブリード 芝馬とダート馬のコストパフォーマンス 父と同じ毛色の仔は走る? 母の年齢考察 ~母高齢や初仔は? 早生まれ、遅生まれは良い?悪い?
(連載中)
著者
一口馬主DB 編集部