各クラブ最新無料カタログをお届け
一口ライフをもっと楽しくもっと便利に! 一口馬主の総合情報サイト
2018-09-23現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 一口データ研究室
一口データ研究室
気になるテーマをデータで深く分析する、一口馬主ライフに役立つレポート集
-連載中-
レポートNo.030

新種牡馬の検討において注意すべき世代

前回の「新種牡馬は2年目産駒が狙い目?」では、産駒の世代別の成績で種牡馬を分析した場合、かなりメリハリのある傾向があることが分かりました。今回はその補完的な話として、前回のような傾向が生じる理由をもう少し掘り下げながら、出資検討に生かす際の注意点などをまとめてみたいと思います。


なお、特定の募集馬が、その種牡馬の何世代目の産駒であるかという情報は、当然ながらカタログには記載されておらず、種牡馬の年齢と比べてやや分かりづらいのですが、日本でデビューした種牡馬であれば、

「現1歳募集馬の世代数 = 初年度産駒の現在の年齢」

の数値になるということを覚えておくと、出資検討時には便利かもしれません。例えば、2018年現在においてロードカナロア、オルフェーヴルの初年度産駒が「3」歳であるということは、競馬ファンであれば直感的に分かると思いますが、上記の式により、両馬の現1歳募集馬は「3」世代目の産駒と簡単に導けます。

「最高傑作」はどの世代から生まれやすい?

それでは、データを見ていきましょう。

最初に、前回のおさらいをかねて、主要種牡馬約100頭において、その種牡馬の「最高傑作産駒」がどの世代に誕生しているか、データを調べてみましたので見ていきましょう。

「最高傑作」の定義としては、シンプルに獲得賞金が最も多い馬とします。例えば、ステイゴールドならゴールドシップで7年目産駒であり、まだ現役種牡馬ですが、ディープインパクトはジェンティルドンナで2年目産駒が現時点での最高傑作となります。
このように現役種牡馬も対象としますが、すでに6世代以上の産駒が4歳以上に達している種牡馬のみとします。 …
本レポートは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文3987文字 (現在719文字まで表示)
「最高傑作」はどの世代から生まれやすい? / 盛り返す理由は? / 繁殖牝馬の質の変化 / 生産者の視点

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
一口データ研究室
32.入厩前の手術による影響は? 31.「お買い得」な種牡馬の世代は? 30.新種牡馬の検討において注意すべき世代 29.新種牡馬は2年目産駒が狙い目? 28.種牡馬の年齢と産駒の成績の関係 27.未勝利戦デビューする馬の可能性 26.外国産馬の出資における傾向と対策 25.外国産馬の歴史と現在 24.【2017年度】 騎手評価ランキング [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 22.地方転出→中央復帰馬が活躍する条件 21.重賞馬の下、全兄弟と半兄弟の違いは? 20.兄、姉が重賞馬のコストパフォーマンス 19.管囲が細いと故障も増える? 18.意外と知らない?「測尺」の基本 17.募集時の人気と成績の関係 16.エリート条件馬の選びかた 15.条件馬のままで、どこまで稼げる? 14.牡馬vs牝馬 コストパフォーマンス比較 13.【2016年度】 騎手評価ランキング 12.【クラブ別】馬名応募の傾向と対策 11.新馬戦で勝ち負けできる基準調教タイム 10.母の競走成績と繁殖成績の関係 9.新馬戦の結果で将来はどこまで決まる? 8.早期入厩・早期デビューは良いこと? 7.馬体重と適性、デビュー時期、故障の関係 6.馬体重(馬格)と成績との関係 5.インブリード vs アウトブリード 4.芝馬とダート馬のコストパフォーマンス 3.父と同じ毛色の仔は走る? 2.母の年齢考察 ~母高齢や初仔は? 1.早生まれ、遅生まれは良い?悪い?
(連載中)
著者
一口馬主DB 編集部