各クラブ最新無料カタログをお届け
一口ライフをもっと楽しくもっと便利に! 一口馬主の総合情報サイト
2018-10-20現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 一口データ研究室
一口データ研究室
気になるテーマをデータで深く分析する、一口馬主ライフに役立つレポート集
-連載中-
2017/12/29公開
レポートNo.024

一口馬主による騎手評価ランキング【2017年度】

My出走リザルトにおいては、今年も多くのレース採点を頂き、ありがとうございました。今回は1年の締めくくりとして、当サイトユーザーの皆様による、騎手評価の年間集計ランキングをお届けします。昨年度に続いて2回目という形になります。

このランキングの意義や、評価・集計方法などは「昨年度の稿」をご覧頂くとして、はたして2017年度を通じて、一口馬主を満足させる騎乗をしてくれたのはどの騎手になるか、早速見ていきましょう。

一口馬主 2017年度 平均騎乗評価ランキング

まずは、全レースの採点平均値によるランキングです。このランキングでは、各騎手が、今年どれだけ一口馬主を納得させてくれる騎乗をしてくれたかが、端的に分かるはずです。

昨年度はルメール騎手が1位に輝きましたが、2連覇なるかどうかが注目です。

なお、レース数、頭数、採点者数などで、一定の統計数値基準を設けさせて頂いており、今回は36人の騎手が対象となりました。





2017年度 Myレース採点 平均騎乗評価ランキング
採点
順位
騎手名 所属 採点平均 クラブ馬
勝率
全国リーデ
ィング順位
1C.ルメール西3.55.2991
2武豊西3.36.07810
3M.デムーロ西3.32.2803
4岩田康誠西3.31.1209
5川田将雅西3.25.1366
6福永祐一西3.22.1524
7石橋脩3.16.15812
8田辺裕信3.15.1488
9横山典弘3.13.22223
10三浦皇成3.12.05644
11松若風馬西3.06.07925
12北村宏司3.05.07317
13内田博幸3.04.1217
14戸崎圭太3.03.1742
15津村明秀3.03.10520
16和田竜二西3.02.0835
17吉田隼人2.99.14311
18北村友一西2.99.13414
19浜中俊西2.98.12616
20大野拓弥2.98.08018
21石川裕紀人2.97.12250
22池添謙一西2.91.07419
23松山弘平西2.91.08715
24鮫島克駿西2.90.04636
25菱田裕二西2.85.07829
26藤岡佑介西2.84.07628
27荻野極西2.76.08222
28V.シュミノー2.74.09055
29加藤祥太西2.74.01470
30蛯名正義2.71.08133
31丸山元気2.69.03738
32藤岡康太西2.67.06324
33柴山雄一2.64.02742
34丸田恭介2.55.04447
35中谷雄太西2.38.07654
36坂井瑠星西2.19.04730
採点平均:各レースごとの騎乗評価平均値の平均値。同数値は下3桁までみて順位決定。


全国リーディングを独走したルメール騎手が、やはりこのランキングでも1位となり、見事2連覇達成となりました。

昨年に続き、平均評価3.5点を超えたのもルメール騎手ただ一人。今年クラブ馬で積み上げた勝利は、ダービー、オークスも含めなんと100勝に到達し、昨年の70勝から大きく伸ばしました。年間100勝は、騎手にとって大きな目標であり壁でもありますが、それをクラブ馬だけで達成してしまうのですから恐れ入ります。一口馬主にとって最高の瞬間である「勝利」の歓喜を数多くもたらし、今年最も一口馬主に愛された騎手と言ってもいいでしょう。来年もさらに伸ばすのか、他騎手の巻き返しがあるのか、興味深いところです。


2位には武豊騎手が、昨年の9位からジャンプアップです。キタサンブラックをはじめ、重賞戦線での活躍で健在ぶりを大きくアピールした一年でしたが、クラブ馬の騎乗は昨年より若干増えたものの決して多くはなく、クラブ勝率も1割を割っているので、成績面での派手さはないものの、むしろこの勝率でこの評価を得ているのは、さすがとも言えます。


3位のM.デムーロ騎手は、昨年から1つ順位を落としました。とはいえ、クラブ馬での勝率はルメール騎手に次ぐ.280。こちらも十二分に驚異的な数字です。データを細かく見ると、クラブ馬騎乗時の平均人気はルメール騎手と同じ2.1番人気と、圧倒的な騎乗馬の質の高さ。ただ、平均着順がルメール騎手が3.8着だったのに対し、M.デムーロ騎手は4.2着。この差が、こうした方式の評価においては大きな差となってしまうのは、致し方ないかもしれません。


僅差の4位には岩田騎手が、昨年の17位から大きく評価を伸ばして、あと一歩でTOP3入りのところまで押し上げました。クラブ馬勝率は.122と、決して高い数字ではないものの、1割を切っていたスランプとも言える昨年からは大きく巻き返した結果と思われ、名手健在をアピールしてくれました。


5位川田騎手、6位福永騎手の全国リーディング上位常連組は、この評価でも安定の上位キープですが、昨年よりクラブ馬勝率が下がってしまった分、評価点自体はやや落としました。とはいえ、関西ではルメール騎手、M.デムーロ騎手が良質クラブ馬を集めて勝利数を伸ばす状況。十分な健闘と言えるかもしれません。


ここまでは関西騎手が独占する形でしたが、7位からは個性派の関東勢が続きました。7位石橋脩騎手、9位横山典騎手、10位三浦騎手の3騎手は、昨年から順位を上げてのTOP10入りです。全国リーディングでも躍進の1年となった石橋脩騎手は納得の順位と言え、また今年のクラブ馬での横山典騎手といえば、NHKマイルCでのG1勝利が目立ちますが、実はクラブ馬勝率自体も.222となんと3位の数字を挙げており、この評価も納得です。逆に三浦騎手は、武豊騎手同様に、勝率が1割を切る中でのこの評価は、ある意味お見事と言えます。ただし今年は怪我のため騎乗数自体は少ないため、来年にも注目です。


若手の中では、昨年残念ながら2.39点で規定到達中最下位の評価であった松若騎手が、今年は3.00点を超えて11位まで評価を上げ、徐々に一口馬主の信頼を得つつあることがうかがえました。また、鮫島克駿騎手も2.57点から2.90点と、数字を伸ばしてきました。

[優勝レース除外版]
一口馬主 2017年度 平均騎乗評価ランキング

続いては昨年同様に、「裏」ランキングともいえる、優勝レースを除外したランキングもご紹介したいと思います。

この裏ランキングの意義としては、馬質の影響をできるだけ排除した評価を探るという点にありますが、詳しくは昨年度の稿もご覧ください。

それでは、優勝レースを除いた採点評価ランキングを見ていきましょう。 …
本レポートは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文4333文字 (現在2765文字まで表示)
一口馬主 2017年度 平均騎乗評価ランキング / [優勝レース除外版] 一口馬主 2017年度 平均騎乗評価ランキング

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
一口データ研究室
33.クラブ馬の募集価格の推移と傾向 32.入厩前の手術による影響は? 31.「お買い得」な種牡馬の世代は? 30.新種牡馬の検討において注意すべき世代 29.新種牡馬は2年目産駒が狙い目? 28.種牡馬の年齢と産駒の成績の関係 27.未勝利戦デビューする馬の可能性 26.外国産馬の出資における傾向と対策 25.外国産馬の歴史と現在 24.【2017年度】 騎手評価ランキング [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 22.地方転出→中央復帰馬が活躍する条件 21.重賞馬の下、全兄弟と半兄弟の違いは? 20.兄、姉が重賞馬のコストパフォーマンス 19.管囲が細いと故障も増える? 18.意外と知らない?「測尺」の基本 17.募集時の人気と成績の関係 16.エリート条件馬の選びかた 15.条件馬のままで、どこまで稼げる? 14.牡馬vs牝馬 コストパフォーマンス比較 13.【2016年度】 騎手評価ランキング 12.【クラブ別】馬名応募の傾向と対策 11.新馬戦で勝ち負けできる基準調教タイム 10.母の競走成績と繁殖成績の関係 9.新馬戦の結果で将来はどこまで決まる? 8.早期入厩・早期デビューは良いこと? 7.馬体重と適性、デビュー時期、故障の関係 6.馬体重(馬格)と成績との関係 5.インブリード vs アウトブリード 4.芝馬とダート馬のコストパフォーマンス 3.父と同じ毛色の仔は走る? 2.母の年齢考察 ~母高齢や初仔は? 1.早生まれ、遅生まれは良い?悪い?
(連載中)
著者
一口馬主DB 編集部