2021-07-25現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 未勝利戦デビューする馬の可能性【一口データ研究室】
一口データ研究室
気になるテーマをデータで深く分析する、一口馬主ライフに役立つレポート集
-連載中-
レポートNo.027 |

未勝利戦デビューする馬の可能性

例年、3月も終わりに入ると3歳新馬戦も終了となり、この段階で未出走の馬は必然的に「新馬戦」ではなく、「未勝利戦」でデビューすることになります。

一口馬主が出資する際には、当然ながらまずは新馬戦でのデビューを前提にあれこれ思いをめぐらせるはずで、特にクラシック路線を目指すような良血馬であれば、既に皐月賞・桜花賞のトライアルも終わった時期からのデビューには、期待感とともに残念な気持ちも入り混じることかと思います。賞金や手当も新馬戦に比べると未勝利戦の方が若干少なくなるという、経済面での現実もあります。


今回は、そんな未勝利デビュー馬をデータで分析して、そもそもどのくらいの割合の馬が未勝利デビューするのか、また遅いデビューというハンデを背負いながら、どこまで活躍できるものなのか、将来の可能性を検証していきたいと思います。

第8回の「デビュー時期と競走成績の関係」では、新馬デビュー時期について分析しましたが、今回はさらに遅れてデビューする馬に対する考察となります。

未勝利デビュー馬 歴代ランキング

各種データを見る前に、まずは成功事例を見て勇気をもらいましょう。以下は、未勝利戦でデビューした馬の、獲得賞金による歴代ランキングです。今回は2001年産以降の全中央競馬出走馬を対象にしており、以降のデータも同様となります。

未勝利戦デビュー馬 獲得賞金TOP20

馬名獲得賞金デビュー月
(3歳)
1オウケンブルースリ5億0,386万4
2スマートレイアー4億7,984万4
3ジャガーメイル4億6,055万9
4エイシンデピュティ4億4,105万4
5ダークシャドウ3億7,527万4
6フィエロ3億1,453万7
7ビッグアーサー2億9,981万4
8ミヤビランベリ2億9,790万5
9ダンスディレクター2億8,387万6
10ナムラタイタン2億5,551万5
11グランドシチー2億5,285万4
12アクシオン2億5,108万3
13サンライズベガ2億4,585万4
14ナムラビクター2億4,281万4
15サンアディユ2億4,212万4
16マジンプロスパー2億3,837万7
17ハットトリック2億3,159万5
18オセアニアボス2億2,840万6
19イタリアンレッド2億2,619万6
20ヤマニンメルベイユ2億2,409万5


オウケンブルースリを筆頭に、サンビスタ、ビッグアーサー、トーホウジャッカル、ハットトリックなどG1馬が何頭も混じる、なかなかの面子です。デビュー月の項目を見ても、4月5月どころか夏デビューの馬もちらほらとおり、3位のジャガーメイルにいたっては3歳9月と秋競馬でのデビューです。いずれも遅いデビューを跳ね除けて、一流馬へと大成する可能性を示してくれています

あえて言えば、いずれも2億円以上獲得したエリート集団のはずですが、やや個性的な馬が多いように見えるのは、やはり未勝利デビューということで、華やかな春のクラシックとは縁が無く、多くの馬がローカルの条件戦にも出走し、一つ一つ勝ち上がってオープンまでのし上がる、典型的な叩き上げ型の戦歴になることも影響しているかと思われます。

未勝利戦デビュー馬の割合

それでは、全体的なデータを俯瞰していきましょう。

出資馬が新馬戦でデビューできないことが明らかになると、あたかも大学受験における浪人生のような、同世代の流れから一時的に取り残されたような気分にもなりますが、毎年どのくらいの馬が未勝利デビューしているのでしょうか。

以下は、2001年産以降の全中央出走馬における、新馬戦デビュー馬と未勝利戦デビュー馬の割合です。


やはり、新馬戦でデビューする馬が8割を超えて圧倒的に多い形となりますが、未勝利戦でのデビュー馬も18%と、それなりの割合で存在します。およそ6頭に1頭は未勝利戦でデビューしている計算になりますので、極端に少ないという割合でもありません。

先ほど大学受験に例えましたが、この数値は最近の受験者に占める浪人生の割合とちょうど同じぐらいの水準です(2018年センター試験出願数より / 浪人比率は約17.8%)。

なお、新馬戦がまだある時期に、出走枠の関係などから、あえて未勝利戦でデビューする馬も稀にいますが、割合的には極めてレアなケースのため、基本的には新馬戦終了後にデビューした馬のデータとなります。

未勝利戦デビュー馬の勝ち上がり

続いては、未勝利デビュー馬の成績です。 …
本レポートは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文5716文字 (現在1831文字まで表示)
未勝利戦デビュー馬の割合 / 未勝利戦デビュー馬の勝ち上がり / デビュー時期による勝ち上がり可能性 / 未勝利デビューで大成するためのデビュー時期 / 「未勝利デビュー大成馬」のデビュー戦着順 / 芝馬・ダート馬

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
一口データ研究室
厩舎の「距離適性」はどこまで重要か 「馬が買えない時代」のクラブ掛け持ち戦略【後編】 「馬が買えない時代」のクラブ掛け持ち戦略【前編】 「3アウト」から復活する馬の可能性 去勢は本当に効果があるのか検証する 「3歳3月新馬戦廃止」の影響を考える 【2020年度】 年間騎手評価ランキング 未勝利のまま中央で続戦する馬の可能性 [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 2020年クラシック世代「クラブ3冠」ランキング 輸入繁殖産駒、国別の成績傾向と対策 輸入繁殖産駒の躍進と国別ランキング 募集価格1000万円台馬の活躍可能性を考える 母父サンデーサイレンス系の攻略辞典 母父キングカメハメハVS母父ディープインパクト クラブ馬の「東西格差」はどこまである? ダートの大物を引き当てる難易度と出資時ポイント 「京都競馬場長期休止」で笑う種牡馬、泣く種牡馬 【2019年度】 年間騎手評価ランキング 馬券回収率の高いクラブ、低いクラブは? [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 親の健康から産駒の健康を予測する クラブ馬でクラシックを狙うための傾向と対策 出資馬が毎週出走するには、何頭必要? 短距離系種牡馬はお買い得? 新規開業調教師への出資時ポイント 「超高額馬」のコストパフォーマンス 調教師定年転厩の影響&再生が得意な厩舎 転厩の効果とクラブ別転厩傾向 JRAの賞金手当は今後も増える? 【2018年度】 騎手評価ランキング 好不調の波が大きいクラブ、安定したクラブ [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 クラブ馬の募集価格の推移と傾向 入厩前の手術による影響は? 「お買い得」な種牡馬の世代は? 新種牡馬の検討において注意すべき世代 新種牡馬は2年目産駒が狙い目? 種牡馬の年齢と産駒の成績の関係 未勝利戦デビューする馬の可能性 外国産馬の出資における傾向と対策 外国産馬の歴史と現在 【2017年度】 騎手評価ランキング [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 地方転出→中央復帰馬が活躍する条件 重賞馬の下、全兄弟と半兄弟の違いは? 兄、姉が重賞馬のコストパフォーマンス 管囲が細いと故障も増える? 意外と知らない?「測尺」の基本 募集時の人気と成績の関係 エリート条件馬の選びかた 条件馬のままで、どこまで稼げる? 牡馬vs牝馬 コストパフォーマンス比較 【2016年度】 騎手評価ランキング 【クラブ別】馬名応募の傾向と対策 新馬戦で勝ち負けできる基準調教タイム 母の競走成績と繁殖成績の関係 新馬戦の結果で将来はどこまで決まる? 早期入厩・早期デビューは良いこと? 馬体重と適性、デビュー時期、故障の関係 馬体重(馬格)と成績との関係 インブリード vs アウトブリード 芝馬とダート馬のコストパフォーマンス 父と同じ毛色の仔は走る? 母の年齢考察 ~母高齢や初仔は? 早生まれ、遅生まれは良い?悪い?
(連載中)
著者
一口馬主DB 編集部