2021-09-24現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > クラブ馬の募集価格の推移と傾向【一口データ研究室】
一口データ研究室
気になるテーマをデータで深く分析する、一口馬主ライフに役立つレポート集
-連載中-
レポートNo.033 |

クラブ馬の募集価格の推移と傾向

今回は、クラブ馬の募集価格の推移について、取り上げたいと思います。

最近は、例年より好調な売れ行きのクラブも増えており、業界全体が盛り上がることは当サイトとしても嬉しい限りですが、一方で、募集価格が少し上がってきているのでは?と感じている方もいらっしゃるかもしれません。


クラブ馬に限らず、経済商品である競走馬の取引においては、基本的には需要と供給の市場バランスが作用して、価格が決まっていきます。

分かりやすいのは、買い手が値段を決めていく「セリ市」での光景ですが、クラブ馬の場合は、売り手であるクラブが価格を決めるという違いがあります。つまりは、需要を予想して値付けする必要があるということで、実際にクラブの方とお話していると、この値付けに関してはなかなか頭を悩ます場面も多いと聞きます。

クラブの形態や方針などによって価格の決定プロセスは異なりますが、いずれにせよ、需要を見誤ると売れ残りが生じやすくなるというリスクがあるため、真剣かつ慎重になるのも当然と言えるでしょう。

先述したように、今は明らかに全体的な需要が高まっている時期と思われますが、過去からの推移を俯瞰しながら、クラブ馬の募集価格の動向について見ていきたいと思います。

平均募集価格の推移

それでは、さっそく基本的なデータを見ていきましょう。以下のグラフは、1998年産から2017年産まで、過去20年の全中央クラブ馬の平均募集価格の推移となっています。

なお、ファンド開始前の募集中止、あるいは中央登録することなくファンド解散した馬については除外しています。また、牡馬と牝馬では価格の水準が異なりますが、牡馬牝馬の比率は毎年ほぼ一定なことから、性別差は補正していません。また、維持費等をあらかじめ募集価格に含むケースがあるクラブは除いており、2017年産は本稿公開時点で未発表の1クラブと、各クラブの今後の追加募集馬も含まれない形となります。




さすがに20年もの期間となると、それなりの変動があったことが読み取れるグラフとなっています。

2017年産馬の平均価格は、過去20年最高値の2809万円。先述のように、まだここから追加となる馬が少しいますが、ボリューム的に大きく変動することはありません。単純に平均値で見ていくと、今の相場はかなり高い水準に見えます。

上昇のトレンド自体はかなり前からあり、2008年産から2015年産にかけては毎年増加、特に2014年産から2015年産は236万円と大きな上昇があり、その反動か2016年産で一息ついたものの、2017年産で再度346万円と大きな上昇となりました。

ただし、最近の上昇トレンドが過去と比較して、異次元の領域なのかと言えばそうでもなく、例えば1997年産は2548万円と、この集計期間中3番目であり2016年産とほぼ同水準となっています。この90年代後半あたりが最初のピークで、そこから2003年産から2004年産にかけて大きく下がって、数年は低い水準で推移した後、現在は第2の山が来ていると読み取れます。

中央値の推移

さて、平均値だけを見ると今の相場はかなり高い水準にあると読み取れましたが、続いては中央値も見ていきましょう。 …
本レポートは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文4379文字 (現在1343文字まで表示)
平均募集価格の推移 / 中央値の推移 / 価格帯別の推移 / 高額馬に影響を与えている要素

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
一口データ研究室
「初仔」出資時に注意すべきポイントと狙い目 ポスト・ディープインパクト時代の出資戦略 厩舎の「距離適性」はどこまで重要か 「馬が買えない時代」のクラブ掛け持ち戦略【後編】 「馬が買えない時代」のクラブ掛け持ち戦略【前編】 「3アウト」から復活する馬の可能性 去勢は本当に効果があるのか検証する 「3歳3月新馬戦廃止」の影響を考える 【2020年度】 年間騎手評価ランキング 未勝利のまま中央で続戦する馬の可能性 [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 2020年クラシック世代「クラブ3冠」ランキング 輸入繁殖産駒、国別の成績傾向と対策 輸入繁殖産駒の躍進と国別ランキング 募集価格1000万円台馬の活躍可能性を考える 母父サンデーサイレンス系の攻略辞典 母父キングカメハメハVS母父ディープインパクト クラブ馬の「東西格差」はどこまである? ダートの大物を引き当てる難易度と出資時ポイント 「京都競馬場長期休止」で笑う種牡馬、泣く種牡馬 【2019年度】 年間騎手評価ランキング 馬券回収率の高いクラブ、低いクラブは? [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 親の健康から産駒の健康を予測する クラブ馬でクラシックを狙うための傾向と対策 出資馬が毎週出走するには、何頭必要? 短距離系種牡馬はお買い得? 新規開業調教師への出資時ポイント 「超高額馬」のコストパフォーマンス 調教師定年転厩の影響&再生が得意な厩舎 転厩の効果とクラブ別転厩傾向 JRAの賞金手当は今後も増える? 【2018年度】 騎手評価ランキング 好不調の波が大きいクラブ、安定したクラブ [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 クラブ馬の募集価格の推移と傾向 入厩前の手術による影響は? 「お買い得」な種牡馬の世代は? 新種牡馬の検討において注意すべき世代 新種牡馬は2年目産駒が狙い目? 種牡馬の年齢と産駒の成績の関係 未勝利戦デビューする馬の可能性 外国産馬の出資における傾向と対策 外国産馬の歴史と現在 【2017年度】 騎手評価ランキング [更新] 新馬戦の追い切り傾向の変化 地方転出→中央復帰馬が活躍する条件 重賞馬の下、全兄弟と半兄弟の違いは? 兄、姉が重賞馬のコストパフォーマンス 管囲が細いと故障も増える? 意外と知らない?「測尺」の基本 募集時の人気と成績の関係 エリート条件馬の選びかた 条件馬のままで、どこまで稼げる? 牡馬vs牝馬 コストパフォーマンス比較 【2016年度】 騎手評価ランキング 【クラブ別】馬名応募の傾向と対策 新馬戦で勝ち負けできる基準調教タイム 母の競走成績と繁殖成績の関係 新馬戦の結果で将来はどこまで決まる? 早期入厩・早期デビューは良いこと? 馬体重と適性、デビュー時期、故障の関係 馬体重(馬格)と成績との関係 インブリード vs アウトブリード 芝馬とダート馬のコストパフォーマンス 父と同じ毛色の仔は走る? 母の年齢考察 ~母高齢や初仔は? 早生まれ、遅生まれは良い?悪い?
(連載中)
著者
一口馬主DB 編集部