2022-08-06現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 2022年ウインレーシングクラブ推奨1歳馬を見てきました 【馬体の見かた講座】
馬体の見かた講座
馬を見る上での考え方から各馬体パーツの基本、種牡馬毎の特徴、専門家へのインタビューも
治郎丸敬之 著 / 連載中

2022年ウインレーシングクラブ推奨1歳馬を見てきました

コスモヴューファーム見学インタビュー2022
ウインレーシングクラブの取材に、コスモヴューファームまで行ってきました。8月1日より募集開始される今年度のラインナップの中からおすすめの5頭を見学するためです。今回は代表の岡田義広さん自らにご案内いただき、独自の配合論なども交えていただきながら、馬を見る上で参考にもなる密度の濃いお話を聞くことができました。

また、昨年秋にオープンした話題の新坂路コースも見学させていただきましたので、まずはその模様をお届けしたいと思います。

コスモヴューファーム エルフ分場に新設された坂路コース
弧を描き巨大な蛇のようなうねりのある迫力だ


全長1000m、高低差50m、勾配は最初が2~3%となだらかに進み、それから8%と上がり、最後が18%とグッときつくなる3段階です。砂が敷き詰められており、想像していたよりも深くて、一歩一歩かなりの力を入れなければなかなか進んでいきません。体感的には、鳥取砂丘の砂ぐらいの深さでした。

砂は深く慣れない人間は歩くのも一苦労



── それでは坂路についてお話をおうかがいします。この3段階の勾配は、意図的というか、何か理由があるのでしょうか?


(株)ウイン代表 岡田義広氏(以下、敬称略) もともとの山の地形に合わせてつくったということもありますが、なだらかな平均勾配の坂路にするのではなく、手を加えて勾配にメリハリをつけることにしました。そうすることで、坂路コースの中にフラットコースも組み入れることができると考えたからです。

フラットコースと坂路コースには、それぞれにメリットとデメリットがあります。フラットコースは全身運動ができますが、心肺機能を鍛えるためには何周もしなければいけません。そうすると、馬には膝や球節などの脚元に関するリスクが生じますし、人間側にも馬に負担をかけることなく上手にコーナーを回るための技術が求められます。

一方で坂路コースは、重心が後ろに行って前肢に負担がかかりにくいため調教中の怪我をしにくい、坂を上るので馬が勝手に疲れてくれて心肺機能を鍛えやすいといったメリットがあります。また、乗り手にそれほど高い技量が求められません。ただし、坂ばかりではどうしてもレースで走るような身体の使い方ではなくなってしまい、完歩の小さいピッチ走法になりがちです。

つまり、理想としては「フラットコースで走る前に心肺機能に負荷をかけておくことができれば良い」ということになります。この新しい坂路では、18%の勾配を駆け上がった後、疲れた状態のまま最後のなだらかな直線で全身運動をさせることができるのです。


── なるほど、理にかなっています。フラットコースと坂路コースの良いところ取りをした融合形ということですね。実際に歩いてみて、18%の勾配はかなりきついことが身体で分かりました。


岡田 この坂路は絶対に成功させようと思って、私自身が重機に乗って砂を運んだりして、手づくり感も満載です。何から何までということではありませんが、できることは自分たちの手でやろうと考えています。厩舎や洗い場もできるところは自分たちで工夫しながらつくりました。だからこその愛着がありますね。


ゴール付近の直線はフラットに近い勾配になっている



この坂路で鍛えられる馬の活躍が楽しみです。続いてはいよいよ本年募集馬のインタビューです。岡田代表には今回、5頭の推奨馬をピックアップいただきました。


※以下、当日の取材順に掲載を行っており、各馬の並びは推奨の順位を示すものではございません。
※冒頭カタログ写真以外の各馬写真、インタビュー内容は2022年7月中旬時点。

【1】イクスキューズの21(・募集番号 2)

6/7 美浦 鈴木伸尋 厩舎予定
ゴールドシップ (母父 ボストンハーバー)
3200万円 / 400 (1口 8万円)
まずは、1頭目のイクスキューズの21が私たちの目の前に現れました。この時期の1歳馬であり、かつゴールドシップ産駒ということも踏まえると、もっと煩い面を見せるのかと思いきや、実に大人しく立っています。

── 想像していたよりも大人しいですね。


岡田 昼夜放牧をずっと行っていますからね。四六時中動き回って、厩舎に戻ってくるのは数時間ですから、これはフラットな(落ち着いている)状態というということです。イクスキューズの仔ですし、なおかつゴールドシップが父ですから、馴致が進んで育成が始まると少なからず煩さは出てくるはずです。

イクスキューズの仔は小柄な馬が多かったのですが、この馬は6月生まれにしては大きく、私はイクスキューズの最高傑作だと思っています。半兄のウインイクシードも(もちろん牡馬という影響もありますが) 大きく出たのですが、このイクスキューズの21は遅生まれにもかかわらず成長力というか、馬体が大きくなるスピードが速いですね。ご覧のとおり、馬体全体のバランスが良いですし、繊細でしなやかさがあります。

ゴールドシップの牡馬は、時計の掛かる馬場やコース形態を得意とする傾向があるのですが、この馬に関しては足運びに軽さがあって、重苦しいところがないですね。


── イクスキューズは毎年コンスタントに仔を産んで、そういう意味でも名繁殖牝馬ですよね。イクスキューズの仔を見続けてきた岡田さんが最高傑作とおっしゃるのであれば、説得力があります。


岡田 毎年「このような仔が生まれるのではないか」とイメージして配合しますが、そうならない場合も多く、お母さんに似た仔を出す繁殖牝馬もいれば、全く似ていない仔を出す繁殖牝馬もいます。繁殖牝馬によってタイプが違いますね。同じことは種牡馬にも当てはまります。

そんな中で、お母さんはどの馬に似ているのかと考えるようにしています。例えばハーツクライの牝馬だからといって必ずしもハーツクライに似ているわけではなく、どの特徴が出ていて、どの部分が出ていないのか、見極めなければいけません。その上で、硬い繁殖牝馬には柔らかい種牡馬をかけてみようとか、緩すぎる繁殖牝馬には硬めの種牡馬を配合してみようなどと試行錯誤しています。

イクスキューズは運動神経の良い馬なのですが、小さい種牡馬をつけると産駒が小さく出てしまいますので、ダイワメジャーやマツリダゴッホ、マンハッタンカフェ、ゴールドシップなどの比較的大柄な種牡馬を配合してきました。


── イクスキューズ自身はデイリー杯クイーンカップ(G3)を勝っているように、マイル前後の距離を中心に活躍した馬でしたので、ウインイクシード(中山金杯G3・2着など)や、この馬の全姉ウインキートス(目黒記念G2・優勝など)のような重厚なスタミナを有する産駒が誕生したことを少し不思議に思っていました。先ほどおっしゃっていた、自身に似ず、種牡馬の良さを産駒を引き出すタイプなのでしょうか。

また、イクスキューズの21は母17歳時の仔ですから、その年齢にして最高傑作と言える仔を誕生させることが凄いと思います。



岡田 一般の確率的に言うと、若い繁殖牝馬の方が走る産駒を出しているのですが、人間でも老化のスピードが速い人と遅い人がいますよね。「いつまでも若々しいよね」って言われるような人は、元々もっている遺伝子にも影響を受けているはずです。同じようなことが繁殖牝馬にも当てはまって、老化スピードが速いお母さんの場合、自分が生きていくだけで精一杯にもかかわらず良い仔を産めと言われても、子どもにエネルギーを与えられないと思うのです。

イクスキューズのように高齢になっても良い仔を出せるかどうかは、最終的には繁殖によりけりだと思います。


── 実は僕も生産の世界に片足を突っ込んで高齢の繁殖牝馬を持っていますので、今の話を聞いて勇気づけられました(笑)。ありがとうございます。




【2】ウインリバティの21(・募集番号 9)

5/20 栗東 宮徹 厩舎予定
エピファネイア (母父 ダンスインザダーク)
4200万円 / 400 (1口 10.5万円)
── 続いて、今年度の最高募集価格となるウインリバティの21です。 …
本コンテンツは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文8536文字 (現在3400文字まで表示)

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
前後の記事
第110回 2022年ウインレーシングクラブ推奨1歳馬を見てきました
著者
治郎丸敬之
新しい競馬の雑誌「ROUNDERS」編集長。週刊Gallopにてコラムを連載中。当コラムの書籍も発刊
馬体の見かた講座
2022年ウインレーシングクラブ推奨1歳馬を見てきました 2022年社台サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました 2022年G1サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました [新種牡馬] レイデオロ・ニューイヤーズデイ産駒の傾向と対策 [新種牡馬] ブリックスアンドモルタル・スワーヴリチャード産駒の傾向と対策 斉藤崇史厩舎・福田調教助手に聞く「口向き」の深い話 競走馬の「口向きが悪い」とはどういうこと? 【種牡馬別】キズナ産駒編 競走馬の「背中が良い」とはどういうこと? 岡田牧雄氏に聞く 「現役種牡馬13頭の評価と馬体の見かた」 岡田牧雄氏に聞く「馬を見る上で大切にすべきこと」 インゼルTC代表に聞く 設立の経緯と推奨馬5頭 2021年活躍3歳馬の馬体分析【マイル・ダート編】 2021春クラシック活躍馬の馬体分析 社台サラブレッドクラブ 2021推奨募集馬インタビュー G1サラブレッドクラブ 2021推奨募集馬インタビュー [新種牡馬]マインドユアビスケッツ、サトノクラウン、レッドファルクス産駒の傾向と対策 [新種牡馬]サトノダイヤモンド、リアルスティール産駒の傾向と対策 【種牡馬別】ジャスタウェイ産駒編 「馬体の緩さ」をあらためて整理する【後編】 「馬体の緩さ」をあらためて整理する【前編】 【種牡馬別】エピファネイア産駒編 三冠牝馬デアリングタクトの全妹に会ってきました ファンディーナの初仔で学ぶ当歳馬の見かた 一口馬主は血統の割に「高い馬」「安い馬」どちらを狙うべきか 個人馬主として、重賞馬に出会うまでに学んだこと 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牝馬編】 社台サラブレッドクラブ 2020推奨募集馬インタビュー G1サラブレッドクラブ 2020推奨募集馬インタビュー イスラボニータ、ロゴタイプ、サトノアラジン産駒の傾向と対策 ドレフォン、キタサンブラック産駒の傾向と対策 エピファネイア&キズナの好発進とこれからの社台SS 【種牡馬別】ルーラーシップ産駒編 下村獣医師に聞く[見学ツアーで馬を見るときのポイント] 下村獣医師に聞く[馬体が「ゆるい」とは?] 下村獣医師に聞く[去勢の狙いとメカニズム] ノーザンファーム空港でTCライオン募集馬を見てきました セリ市で学ぶ:馬を間近で見る実践 セリ市で学ぶ:背中の筋肉の見かた 馬体のメリハリ、目、顔つき 毛艶の良さから分かること 2019年社台サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました [新種牡馬]ミッキーアイル&エピファネイア・キズナ・リアルインパクト [新種牡馬]モーリス産駒の傾向と対策 [新種牡馬]ドゥラメンテ産駒の傾向と対策 新種牡馬の産駒を見る上で大切にすべきこと 【種牡馬別】キンシャサノキセキ産駒編 馬体のバランスを実例から見る 馬の動きを「メトロノーム」のイメージで見る 現役馬と1歳馬の違い、牡馬と牝馬の違い 「背中が良い」とはどんな馬? 素質以外に重要な要素 ゲートの出方は天性のもの? 胴体から距離適性を見分ける セリ上場馬とクラブ募集馬の違い 【種牡馬別】ロードカナロア産駒編 【種牡馬別】オルフェーヴル産駒編 下村獣医師に聞く6[丈夫な馬体とは] 下村獣医師に聞く5[気性の見分け方] 梁川正普氏インタビュー【後編】 梁川正普氏インタビュー【前編】 秋田博章氏インタビュー【後編】 秋田博章氏インタビュー【中編】 秋田博章氏インタビュー【前編】 下村獣医師に聞く4[脚元の健康] 下村獣医師に聞く3[ノドの病気] 下村獣医師に聞く2[疲れやすい馬体とは] 下村獣医師(社台F)に聞く1[OCDと骨瘤] 【応用理論】2)馬体評価プロセスの体系化 【応用理論】1)より実践的な馬体の見かたへ 【種牡馬別】シンボリクリスエス産駒編 【種牡馬別】ブラックタイド産駒編 【種牡馬別】クロフネ産駒編 【種牡馬別】ゴールドアリュール産駒編 【種牡馬別】ハービンジャー産駒編 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【後編】 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【中編】 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【前編】 【種牡馬別】ネオユニヴァース産駒編 【種牡馬別】ダイワメジャー産駒編 【種牡馬別】ハーツクライ産駒編 【種牡馬別】キングカメハメハ産駒編 【種牡馬別】ディープインパクト産駒編 岡田牧雄氏インタビュー【後編】 岡田牧雄氏インタビュー【中編】 岡田牧雄氏インタビュー【前編】 基礎編を振り返って 「歩様」は前から見ると分かりやすい 「歩様」を見る際の4つのポイント 歩き方の種類と「歩様」の基礎 「内向・外向」、「後肢」の肢勢 馬の肢勢~「前肢」の注意点 「飛節」を見るポイント 「後ろ脚の筋肉」の見かた 馬の生命線となる「蹄」 脚下のパーツ「球節」「繋」 前脚のパーツ「前腕」「膝」「管」 肺と心臓をあらわす「胸」 「尻」と「尻尾」の見かた 「背中」の見かたと「腹」との関係 「首」「き甲」「肩」を見る時のポイント 心を映し出す「目」と「耳」 理想的な「頭部」とは? さまざまなプロポーションの見方 馬体のプロポーションから分かること 父に似ていることには意味がある 美点を見るか欠点を見るか はじめに
(連載中)