2022-08-07現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】 【馬体の見かた講座】
馬体の見かた講座
馬を見る上での考え方から各馬体パーツの基本、種牡馬毎の特徴、専門家へのインタビューも
治郎丸敬之 著 / 連載中

2020春クラシックで活躍したクラブ馬の馬体分析【牡馬編】

活躍馬の募集時馬体を振り返る
前回の牝馬編に続いて、今春のクラシックで活躍したクラブ馬の募集時代を振り返っていきます。今回は牡馬編として計10頭の活躍馬を見ていきます。

1. サリオス

撮影時期推定:1歳7月頃
ウォーキング動画
サリオス シルクホースクラブ
父 ハーツクライ 2017-01-23生
募集価格:7000万円 / 500口 (一口 14万円)
東京優駿(G1) 2着 / 朝日杯FS(G1) 優勝 / 毎日王冠(G2) 優勝 / 安田記念(G1) 3着 / 皐月賞(G1) 2着 / 香港マイル(G1) 3着 / サウジアラビアRC(G3) 優勝 / 大阪杯(G1) 5着 / マイルチャンピオン(G1) 5着 / 2歳新馬 優勝
牡馬編のトップバッターは、春こそ無冠に終わってしまいましたが、皐月賞と日本ダービーで2着したサリオスです。先着を許したコントレイルは、ディープインパクトの最高傑作となる馬ですので、さすがに相手が悪かったとしか言いようがありません。競馬の世界でたらればは禁物ですが、生まれた年が1年ずれていれば、すでにクラシックホースになっていただけの実力馬です。

募集時のカタログ写真を見てみると、まるで今のサリオスの姿かと思ってしまうぐらい、当時から完成度の高い馬体だったことが分かります。筋肉量が豊富で、それを支える馬体全体のフレームも大きく、バランスが良くて、実に立派な立ち姿です。ノーザンファームで育成され、デビューを果たし、クラシック戦線で走るために調教を重ねる中で、絞れるところは絞り込まれ、競走馬らしくなっていったのは確かですが、1歳7月時点でこれだけの完成度の高さを誇っていたのは驚きです。もちろん、1月23日と早生まれであったことも手伝ってはいるでしょうが、それにしても古馬のような風格を漂わせています。ハーツクライの走る産駒らしく、後ろ肢がスッと伸びていますし、細かいことを言うと、管の部分が相対的に短くて健康そうな脚元をしていますね。募集価格が7000万円と高額だったのは、サラキアの弟という血統背景以上に、この素晴らしい馬体ゆえだったはずです。

しかし、サリオスのウォーキング動画を観てみると、誰が観ても緩いと感じるほど緩い歩様をしています。緩さについては、別の機会で詳しく語りたいと思っていますが、サリオスは典型的な緩い馬です。特に歩く姿を後ろから観てみたとき、グニャっと肢が曲がるようにキッチリと着地ができていない面も見られます。サリオスの関係者は、これだけ緩いにもかかわらず早い時期から走っていることに少なからず驚いていましたし、僕たちもそろそろ緩いことの意味を考え直していかなければならないと思います。

個人的には、サリオスは緩かったからこそ、日本ダービーまで走ったのだと考えています。馬体が緩いことのデメリットはたくさん挙げることができますが、唯一のメリットとしては距離が持つということです。たとえば、フジキセキ産駒のイスラボニータが日本ダービーで2着できたのは、若駒の頃はまだ馬体が緩かったからです。古馬になって、緩さが解消されていくにつれ、適性距離は自身の本質のマイル路線に近づいていきました。馬体が緩い、つまりサスペンションが緩いということは、関節部分に遊びがあるということであり、それゆえに可動域が広くなることで距離が持つことにつながるのです。

朝日杯フューチュリティステークスをレースレコードの1分33秒0で勝ったように、サリオスは本質的にはマイルから2000mまでの距離を得意とするパワータイプの馬体です。あれだけ筋肉量の多い馬が2400mをしっかりと走り切れたのは、サリオスの緩さゆえだと僕は考えています。もちろん、筋肉量の多さと馬体の緩さのアンバランスゆえに、レースを1走するごとの肉体的ダメージは大きかったはずで、そこをきっちりとケアできた堀厩舎の手腕も認めないわけにはいきません。募集時の動画を観て、明らかに緩いと思われる馬に出資するのは勇気が要りますが、サリオスに関しては、生まれの早さや肉体の完成度と緩さのバランス、そして厩舎力など、あらゆる要素が全てプラスに働いての活躍であったと思います。


2. ラウダシオン

撮影時期推定:1歳7月頃
ウォーキング動画
ラウダシオン シルクホースクラブ
父 リアルインパクト 2017-02-02生
募集価格:2500万円 / 500口 (一口 5万円)
NHKマイルカップ(G1) 優勝 / 京王杯スプリングC(G2) 優勝 / 富士S(G2) 2着 / クロッカスS(OP) 優勝 / もみじS(OP) 優勝 / ファルコンS(G3) 2着 / シルクロードS(G3) 3着 / 1351ターフスプ(G3) 4着 / 小倉2歳S(G3) 3着 / 2歳新馬 優勝 / 京王杯スプリングC(G2) 5着
続いて、NHKマイルカップを制したラウダシオンです。NHKマイルカップはミルコ・デムーロ騎手が思い切って先行し、見事にはまった感のあるレースでしたが、ラウダシオンに勝てる力があったからこその芸当でもあります。他の出走メンバーと比べても、馬体の完成度が1、2を争うぐらいに高かったのは確かです。ところが、募集時のカタログ写真を見てみると、至って普通ですね。動画で歩く姿を観ても、良い意味で普通です。前後躯の実の入りとバランスは良いのですが、あくまでも平均よりも少し上というレベルであり、正直に言うと、この馬体がNHKマイル時にあそこまでの完成度に達するのは想像ができません。

その秘密は、種牡馬としてのリアルインパクトが伝える早熟性にあるはずです。リアルインパクト自身は決して早熟な馬ではありませんでしたが、その産駒には母系のメドウレイクの影響が色濃く出るため、スピードとパワー、そして早熟性に長けた馬になるのでしょう。ラウダシオンはその典型的なタイプであり、2歳の春からデビューに向けての時期にグッと成長したのだと思います。


3. ヴェルトライゼンデ

撮影時期推定:1歳5月頃
ヴェルトライゼンデ サンデーサラブレッドクラブ
父 ドリームジャーニー 2017-02-08生
募集価格:3600万円 / 40口 (一口 90万円)
東京優駿(G1) 3着 / 鳴尾記念(G3) 優勝 / ホープフルS(G1) 2着 / アメリカJCC(G2) 2着 / スプリングS(G2) 2着 / 神戸新聞杯(G2) 2着 / 萩S(OP) 優勝 / 2歳新馬 優勝
次は日本ダービーを3着したヴェルトライゼンデについて。 …
本コンテンツは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文7667文字 (現在2620文字まで表示)

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
前後の記事
第84回 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】
著者
治郎丸敬之
新しい競馬の雑誌「ROUNDERS」編集長。週刊Gallopにてコラムを連載中。当コラムの書籍も発刊
馬体の見かた講座
2022年ウインレーシングクラブ推奨1歳馬を見てきました 2022年社台サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました 2022年G1サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました [新種牡馬] レイデオロ・ニューイヤーズデイ産駒の傾向と対策 [新種牡馬] ブリックスアンドモルタル・スワーヴリチャード産駒の傾向と対策 斉藤崇史厩舎・福田調教助手に聞く「口向き」の深い話 競走馬の「口向きが悪い」とはどういうこと? 【種牡馬別】キズナ産駒編 競走馬の「背中が良い」とはどういうこと? 岡田牧雄氏に聞く 「現役種牡馬13頭の評価と馬体の見かた」 岡田牧雄氏に聞く「馬を見る上で大切にすべきこと」 インゼルTC代表に聞く 設立の経緯と推奨馬5頭 2021年活躍3歳馬の馬体分析【マイル・ダート編】 2021春クラシック活躍馬の馬体分析 社台サラブレッドクラブ 2021推奨募集馬インタビュー G1サラブレッドクラブ 2021推奨募集馬インタビュー [新種牡馬]マインドユアビスケッツ、サトノクラウン、レッドファルクス産駒の傾向と対策 [新種牡馬]サトノダイヤモンド、リアルスティール産駒の傾向と対策 【種牡馬別】ジャスタウェイ産駒編 「馬体の緩さ」をあらためて整理する【後編】 「馬体の緩さ」をあらためて整理する【前編】 【種牡馬別】エピファネイア産駒編 三冠牝馬デアリングタクトの全妹に会ってきました ファンディーナの初仔で学ぶ当歳馬の見かた 一口馬主は血統の割に「高い馬」「安い馬」どちらを狙うべきか 個人馬主として、重賞馬に出会うまでに学んだこと 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牝馬編】 社台サラブレッドクラブ 2020推奨募集馬インタビュー G1サラブレッドクラブ 2020推奨募集馬インタビュー イスラボニータ、ロゴタイプ、サトノアラジン産駒の傾向と対策 ドレフォン、キタサンブラック産駒の傾向と対策 エピファネイア&キズナの好発進とこれからの社台SS 【種牡馬別】ルーラーシップ産駒編 下村獣医師に聞く[見学ツアーで馬を見るときのポイント] 下村獣医師に聞く[馬体が「ゆるい」とは?] 下村獣医師に聞く[去勢の狙いとメカニズム] ノーザンファーム空港でTCライオン募集馬を見てきました セリ市で学ぶ:馬を間近で見る実践 セリ市で学ぶ:背中の筋肉の見かた 馬体のメリハリ、目、顔つき 毛艶の良さから分かること 2019年社台サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました [新種牡馬]ミッキーアイル&エピファネイア・キズナ・リアルインパクト [新種牡馬]モーリス産駒の傾向と対策 [新種牡馬]ドゥラメンテ産駒の傾向と対策 新種牡馬の産駒を見る上で大切にすべきこと 【種牡馬別】キンシャサノキセキ産駒編 馬体のバランスを実例から見る 馬の動きを「メトロノーム」のイメージで見る 現役馬と1歳馬の違い、牡馬と牝馬の違い 「背中が良い」とはどんな馬? 素質以外に重要な要素 ゲートの出方は天性のもの? 胴体から距離適性を見分ける セリ上場馬とクラブ募集馬の違い 【種牡馬別】ロードカナロア産駒編 【種牡馬別】オルフェーヴル産駒編 下村獣医師に聞く6[丈夫な馬体とは] 下村獣医師に聞く5[気性の見分け方] 梁川正普氏インタビュー【後編】 梁川正普氏インタビュー【前編】 秋田博章氏インタビュー【後編】 秋田博章氏インタビュー【中編】 秋田博章氏インタビュー【前編】 下村獣医師に聞く4[脚元の健康] 下村獣医師に聞く3[ノドの病気] 下村獣医師に聞く2[疲れやすい馬体とは] 下村獣医師(社台F)に聞く1[OCDと骨瘤] 【応用理論】2)馬体評価プロセスの体系化 【応用理論】1)より実践的な馬体の見かたへ 【種牡馬別】シンボリクリスエス産駒編 【種牡馬別】ブラックタイド産駒編 【種牡馬別】クロフネ産駒編 【種牡馬別】ゴールドアリュール産駒編 【種牡馬別】ハービンジャー産駒編 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【後編】 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【中編】 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【前編】 【種牡馬別】ネオユニヴァース産駒編 【種牡馬別】ダイワメジャー産駒編 【種牡馬別】ハーツクライ産駒編 【種牡馬別】キングカメハメハ産駒編 【種牡馬別】ディープインパクト産駒編 岡田牧雄氏インタビュー【後編】 岡田牧雄氏インタビュー【中編】 岡田牧雄氏インタビュー【前編】 基礎編を振り返って 「歩様」は前から見ると分かりやすい 「歩様」を見る際の4つのポイント 歩き方の種類と「歩様」の基礎 「内向・外向」、「後肢」の肢勢 馬の肢勢~「前肢」の注意点 「飛節」を見るポイント 「後ろ脚の筋肉」の見かた 馬の生命線となる「蹄」 脚下のパーツ「球節」「繋」 前脚のパーツ「前腕」「膝」「管」 肺と心臓をあらわす「胸」 「尻」と「尻尾」の見かた 「背中」の見かたと「腹」との関係 「首」「き甲」「肩」を見る時のポイント 心を映し出す「目」と「耳」 理想的な「頭部」とは? さまざまなプロポーションの見方 馬体のプロポーションから分かること 父に似ていることには意味がある 美点を見るか欠点を見るか はじめに
(連載中)