2024-05-19現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 2023年ウインレーシングクラブ募集馬インタビュー 【馬体の見かた講座】
馬体の見かた講座
馬を見る上での考え方から各馬体パーツの基本、種牡馬毎の特徴、専門家へのインタビューも
治郎丸敬之 著 / 連載中

2023年ウインレーシングクラブ募集馬インタビュー

推奨馬紹介&新種牡馬ウインブライト産駒の特徴も
昨年に引き続き、ウインレーシングクラブ代表の岡田義広さんにインタビューさせていただきます。今年度の募集馬から厳選された馬たちを紹介していただくのはもちろん、クラブの出身馬であり新種牡馬でもあるウインブライトについて、さらには配合の狙いや馬づくりに対する想いまで、今年も存分に語っていただきました。


※以下、当日の取材順に掲載を行っており、各馬の並びは推奨の順位を示すものではございません。
※カタログ写真以外の各馬写真、インタビュー内容は2023年7月下旬時点。


【1】ウインオリアートの22(・募集番号 2)

1/31 美浦 鹿戸雄一 厩舎予定
モーリス (母父 ステイゴールド)
2200万円 / 400 (1口 5.5万円)
── 今年もお忙しい中、貴重な時間をいただき、ありがとうございます。昨年のインタビューは私にとっても大変勉強になりました。

今年度も5頭の推奨馬を挙げてくださっています。まずは1頭目のウインオリアートの22から。馬体をパッと見て、とてもバランスの取れた好馬体という印象を受けました。



(株)ウイン代表 岡田義広氏(以下、敬称略) そうですね。募集写真からは馬体の大きさが伝わりにくいかもしれませんが、1月31日の早生まれということもあって、かなり大柄に出ています。欲を言えば、父がモーリスですからもっと幅が出てくるとさらに良いですね。とはいえ、大きくなりすぎても重くなってしまうので、今の時点では十分なサイズだと思います。


── 母ウインオリアートは、420~450kg台で走った、ステイゴールド産駒の牝馬らしい小柄な馬でした。芝の中距離を走り、中央競馬で39戦3勝という戦績を誇るタフネスレディーです。


岡田 ウインオリアートは体高こそありましたが、幅が薄い馬体でした。手肢にも長さがありましたが、それを生かせるだけのトモのパワーが足りなかったという印象です。産駒にはトモに筋肉がついて厚みが出せる種牡馬を配合したいと考え、モーリスを父に選びました。


── 初仔の半兄はストロングリターン産駒でしたが、それも馬体を大きく出したいという意図の現れでしょうか。


岡田 そのとおりです。ステイゴールドを父に持つ繁殖牝馬は腹袋が小さいというか、腹がめくれあがっているように薄い馬が多いため、基本的には仔出しが小さい傾向があります。なぜ最初からモーリスではなかったのかと聞かれると、初仔にどこまで種付け料をかけられるかと考えた時、ストロングリターンだった、としか答えようがありません。初仔にどの程度お金を使えるかという考え方の問題でもあります。

大きく出すことだけを考えると、ダート種牡馬という選択もありますが、それではウインオリアートの良さが出ないと考えました。また、非サンデーサイレンス系の種牡馬の中で芝を走る馬というと配合が限られてしまいます。たとえば、実績がある非サンデーサイレンス系の種牡馬としては、ハービンジャーやルーラーシップなどでしょうか。売ることだけを考えれば、受けの良い種牡馬を配合すれば良いのですが、それは私としては嫌だなと。


── 昨年も「その母馬が走る仔を出すかどうかが最も大事だと思って生産にたずさわっている」とおっしゃっていましたし、とても共感できました。ウインオリアートの22は、岡田さんの意図どおりに大きく出たということで、理想の配合と考えて良いでしょうか?


岡田 はい、思ったより大きく出たという印象ですね。ウインオリアートから馬体の大きい馬が出るまでにもう少し時間がかかると思っていたので、早くからこれぐらい立派な馬を出したのは良い意味で意外でした。馬体の幅がどれぐらい厚くなるかによりますが、ゆくゆくは500kg近い雄大な馬体の馬になるのではないでしょうか。芝のマイル路線で活躍してくれるはずです。


── 本馬は血統的にはサンデーサイレンスの4×3のクロスを持ちます。今年の募集でもサンデーサイレンスのクロスを持つ馬がそれなりに募集されていますが、サンデーサイレンスのクロスに関してはどのようにお考えですか?


岡田 他の牧場さんも、血が濃くなることは良いとは思っていないはずですが、正直な話、仕方ないという感じです。芝で走る産駒を出すことを考えたとき、サンデーサイレンスのクロスを避けてしまうと、選択肢が少なすぎるのです。特にうちの場合は、ステイゴールド肌が多いですし、ビッグレッドファームにはウインブライトやゴールドシップといったステイゴールドの直系種牡馬がいますので、組み合わせは難しく、悩みますね。

3×3にはなるべくしないようにと考えています。ウインシャーロットはサンデーサイレンスの3×3なのですが、生まれてきたときに脚が曲がっていて、そのとき危ないかなと思いました。でも、めちゃくちゃ走っているのですから、難しいところです。

サンデーサイレンスの血が異常なほど優れているということの裏返しでもありますね。走るから繁殖牝馬として帰ってきて、子から孫へと血がつながるわけですし、サンデーサイレンスの血が入っていて活躍するから、種牡馬となって帰ってくるというわけです。自然界としては良いことではないと思いますが、走った馬同士を配合しようとすると、避けられないということですね。




【2】サマーソングの22(・募集番号 10)

5/6 栗東 宮徹 厩舎予定
ウインブライト (母父 ロージズインメイ)
1900万円 / 400 (1口 4.75万円)
── 続いて、サマーソングの22です。 …
本コンテンツは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文7659文字 (現在2377文字まで表示)

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
前後の記事
第124回 2023年ウインレーシングクラブ募集馬インタビュー
著者
治郎丸敬之
新しい競馬の雑誌「ROUNDERS」編集長。週刊Gallopにてコラムを連載中。当コラムの書籍も発刊
馬体の見かた講座
[新種牡馬] コントレイル、シスキン産駒の傾向と対策 引退競走馬のリトレーニング現場を訪ねてきました 生産者に聞く「スタリオンパレードでの種牡馬の見かた」 【種牡馬別】キタサンブラック産駒の見かた 「腰の高さ」と「胴伸び」に見る競走馬の成長曲線 競走馬のメンテナンス・手前替え・息の入り 馬の歩きを見るプロ・佐藤駿さんに聞く走る馬の見分け方 2023春クラシック活躍馬の馬体分析【牝馬編】 2023春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】 2023年ウインレーシングクラブ募集馬インタビュー 2023年社台サラブレッドクラブ募集馬インタビュー 2023年G1サラブレッドクラブ募集馬インタビュー [新種牡馬] ナダル、ルヴァンスレーヴ産駒の傾向と対策 [新種牡馬] サートゥルナーリア、アドマイヤマーズ産駒の傾向と対策 最近の社台SS~オルフェーヴルとキタサンブラック 「キ甲の成長」と「適性」の関係を実例から学ぶ 【種牡馬別】モーリス産駒編 【種牡馬別】ドゥラメンテ産駒編 出資馬の「未来の姿」を想像するために必要なこと 上手獣医師に聞く「鼻出血や心房細動は再発しやすい?」 上手獣医師に聞く「募集時のウォーキング動画を見るときのポイントは?」 2022春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】 2022春クラシック活躍馬の馬体分析【牝馬編】 2022年ウインレーシングクラブ推奨1歳馬を見てきました 2022年社台サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました 2022年G1サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました [新種牡馬] レイデオロ・ニューイヤーズデイ産駒の傾向と対策 [新種牡馬] ブリックスアンドモルタル・スワーヴリチャード産駒の傾向と対策 斉藤崇史厩舎・福田調教助手に聞く「口向き」の深い話 競走馬の「口向きが悪い」とはどういうこと? 【種牡馬別】キズナ産駒編 競走馬の「背中が良い」とはどういうこと? 岡田牧雄氏に聞く 「現役種牡馬13頭の評価と馬体の見かた」 岡田牧雄氏に聞く「馬を見る上で大切にすべきこと」 インゼルTC代表に聞く 設立の経緯と推奨馬5頭 2021年活躍3歳馬の馬体分析【マイル・ダート編】 2021春クラシック活躍馬の馬体分析 社台サラブレッドクラブ 2021推奨募集馬インタビュー G1サラブレッドクラブ 2021推奨募集馬インタビュー [新種牡馬]マインドユアビスケッツ、サトノクラウン、レッドファルクス産駒の傾向と対策 [新種牡馬]サトノダイヤモンド、リアルスティール産駒の傾向と対策 【種牡馬別】ジャスタウェイ産駒編 「馬体の緩さ」をあらためて整理する【後編】 「馬体の緩さ」をあらためて整理する【前編】 【種牡馬別】エピファネイア産駒編 三冠牝馬デアリングタクトの全妹に会ってきました ファンディーナの初仔で学ぶ当歳馬の見かた 一口馬主は血統の割に「高い馬」「安い馬」どちらを狙うべきか 個人馬主として、重賞馬に出会うまでに学んだこと 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牝馬編】 G1サラブレッドクラブ 2020推奨募集馬インタビュー 社台サラブレッドクラブ 2020推奨募集馬インタビュー イスラボニータ、ロゴタイプ、サトノアラジン産駒の傾向と対策 ドレフォン、キタサンブラック産駒の傾向と対策 エピファネイア&キズナの好発進とこれからの社台SS 【種牡馬別】ルーラーシップ産駒編 下村獣医師に聞く[見学ツアーで馬を見るときのポイント] 下村獣医師に聞く[馬体が「ゆるい」とは?] 下村獣医師に聞く[去勢の狙いとメカニズム] ノーザンファーム空港でTCライオン募集馬を見てきました セリ市で学ぶ:馬を間近で見る実践 セリ市で学ぶ:背中の筋肉の見かた 馬体のメリハリ、目、顔つき 毛艶の良さから分かること 2019年社台サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました [新種牡馬]ミッキーアイル&エピファネイア・キズナ・リアルインパクト [新種牡馬]モーリス産駒の傾向と対策 [新種牡馬]ドゥラメンテ産駒の傾向と対策 新種牡馬の産駒を見る上で大切にすべきこと 【種牡馬別】キンシャサノキセキ産駒編 馬体のバランスを実例から見る 馬の動きを「メトロノーム」のイメージで見る 現役馬と1歳馬の違い、牡馬と牝馬の違い 「背中が良い」とはどんな馬? 素質以外に重要な要素 ゲートの出方は天性のもの? 胴体から距離適性を見分ける セリ上場馬とクラブ募集馬の違い 【種牡馬別】ロードカナロア産駒編 【種牡馬別】オルフェーヴル産駒編 下村獣医師に聞く6[丈夫な馬体とは] 下村獣医師に聞く5[気性の見分け方] 梁川正普氏インタビュー【後編】 梁川正普氏インタビュー【前編】 秋田博章氏インタビュー【後編】 秋田博章氏インタビュー【中編】 秋田博章氏インタビュー【前編】 下村獣医師に聞く4[脚元の健康] 下村獣医師に聞く3[ノドの病気] 下村獣医師に聞く2[疲れやすい馬体とは] 下村獣医師(社台F)に聞く1[OCDと骨瘤] 【応用理論】2)馬体評価プロセスの体系化 【応用理論】1)より実践的な馬体の見かたへ 【種牡馬別】シンボリクリスエス産駒編 【種牡馬別】ブラックタイド産駒編 【種牡馬別】クロフネ産駒編 【種牡馬別】ゴールドアリュール産駒編 【種牡馬別】ハービンジャー産駒編 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【後編】 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【中編】 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【前編】 【種牡馬別】ネオユニヴァース産駒編 【種牡馬別】ダイワメジャー産駒編 【種牡馬別】ハーツクライ産駒編 【種牡馬別】キングカメハメハ産駒編 【種牡馬別】ディープインパクト産駒編 岡田牧雄氏インタビュー【後編】 岡田牧雄氏インタビュー【中編】 岡田牧雄氏インタビュー【前編】 基礎編を振り返って 「歩様」は前から見ると分かりやすい 「歩様」を見る際の4つのポイント 歩き方の種類と「歩様」の基礎 「内向・外向」、「後肢」の肢勢 馬の肢勢~「前肢」の注意点 「飛節」を見るポイント 「後ろ脚の筋肉」の見かた 馬の生命線となる「蹄」 脚下のパーツ「球節」「繋」 前脚のパーツ「前腕」「膝」「管」 肺と心臓をあらわす「胸」 「尻」と「尻尾」の見かた 「背中」の見かたと「腹」との関係 「首」「き甲」「肩」を見る時のポイント 心を映し出す「目」と「耳」 理想的な「頭部」とは? さまざまなプロポーションの見方 馬体のプロポーションから分かること 父に似ていることには意味がある 美点を見るか欠点を見るか はじめに
(連載中)