各クラブ最新無料カタログをお届け
一口ライフをもっと楽しくもっと便利に! 一口馬主の総合情報サイト
2018-07-15現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 馬体の見かた講座
馬体の見かた講座
馬を見る上での考え方から各馬体パーツの基本、種牡馬毎の特徴、専門家へのインタビューも
治郎丸敬之 著 / 連載中

52.【種牡馬別】オルフェーヴル産駒の見かた

種牡馬別の馬体の見かたとして、今回はオルフェーヴル編をお届けします。今あるのは初年度産駒の実績だけですから、これから産駒の傾向も少しずつ変わってゆくはずで、あくまでも現時点での見立てということになります。その通りだったということになればもちろん嬉しいですし、もしかすると的外れなことになるかもしれません。10年後に答え合わせができれば面白いですね。

血を残してこそ最強馬

私がオルフェーヴルは種牡馬としても成功すると断言するのは、血を残してこそ最強馬であると考えるからです。競走馬としてだけではなく、種牡馬として自身の資質の高さを証明するということです。もちろん、繁殖牝馬の質に大きく左右される面もありますが、それでも本当に有能な種牡馬は何らかの形で頭角を現すもの。たった数戦のレースを走っただけでは分からない、サラブレッドとしての本当の強さは、歴史に血を残すことによって証明されてゆくのです。

こうした考えに至ったのは、サイレンススズカなどの名馬を育てた橋田満調教師から聞いた、「競馬のレースは、サラブレッドの選抜競走である」という言葉がきっかけでした。つまり、優秀なサラブレッドの血を選抜するために、競馬のレースは行われるということです。私たちが目の前で見ているレースは、競馬全体の世界から見るとごく一部に過ぎず、その背景には過去から綿々とつながってきた血の歴史があり、先には果てしない未来が広がっています。レースの勝ち負けと血を残すことの、どちらが主でどちらが従かというと、圧倒的に後者が主なのです。もう少し見方を変えると、競馬のレースは血を残すという偉業の前哨戦にすぎないのですね。

だからこそ、競馬のレースで圧倒的に強かっただけでなく、その血を後世まで残して初めて最強馬であったと称されるべきです。そういった意味においては、キングカメハメハやディープインパクト、ハーツクライらは本当の意味で強いということです。彼らの現役時代に立ち会えたことを私は誇りに思いますし、同様にオルフェーヴルの走りをこの目で見て、その強さは本物であったと確信している以上、彼が種牡馬としても成功することに疑いがないということです。

オルフェーヴル自身の募集時馬体

オルフェーヴル自身は、募集時から実に手脚が長くてすっきりした、サンデーサイレンスからステイゴールドへと続く、現代の日本競馬に適した素軽さを象徴する馬体を有していました。全兄ドリームジャーニーに母系の重苦しさが見え隠れするのとは対照的です。オルフェーヴルは気性的な難しさが闘争心として発揮されたからこそ大成しましたが、馬体だけを見ても、母オリエンタルアートの兄弟の中でも抜けて良かったのです。

オルフェーヴル産駒の傾向

この先どうなるか分かりませんが、オルフェーヴルの産駒にはムラがあると言われています。 …
本コンテンツは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文3472文字 (現在1218文字まで表示)

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
次の回
(つづく)
著者
治郎丸敬之
新しい競馬の雑誌「ROUNDERS」編集長。週刊Gallopにてコラムを連載中。競馬ブログ「ガラスの競馬場」を主宰。当コラムの書籍も発売中
馬体の見かた講座
52.【種牡馬別】オルフェーヴル産駒編 51.下村獣医師に聞く6[丈夫な馬体とは] 50.下村獣医師に聞く5[気性の見分け方] 49.梁川正普氏インタビュー【後編】 48.梁川正普氏インタビュー【前編】 47.秋田博章氏インタビュー【後編】 46.秋田博章氏インタビュー【中編】 45.秋田博章氏インタビュー【前編】 44.下村獣医師に聞く4[脚元の健康] 43.下村獣医師に聞く3[ノドの病気] 42.下村獣医師に聞く2[疲れやすい馬体とは] 41.下村獣医師(社台F)に聞く1[OCDと骨瘤] 40.【応用理論】馬体評価プロセスの体系化 39.【応用理論】より実践的な馬体の見かたへ 38.【種牡馬別】シンボリクリスエス産駒編 37.【種牡馬別】ブラックタイド産駒編 36.【種牡馬別】クロフネ産駒編 35.【種牡馬別】ゴールドアリュール産駒編 34.【種牡馬別】ハービンジャー産駒編 33.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【後編】 32.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【中編】 31.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【前編】 30.【種牡馬別】ネオユニヴァース産駒編 29.【種牡馬別】ダイワメジャー産駒編 28.【種牡馬別】ハーツクライ産駒編 27.【種牡馬別】キングカメハメハ産駒編 26.【種牡馬別】ディープインパクト産駒編 25.岡田牧雄氏インタビュー【後編】 24.岡田牧雄氏インタビュー【中編】 23.岡田牧雄氏インタビュー【前編】 22.基礎編を振り返って 21.「歩様」は前から見ると分かりやすい 20.「歩様」を見る際の4つのポイント 19.歩き方の種類と「歩様」の基礎 18.「内向・外向」、「後肢」の肢勢 17.馬の肢勢~「前肢」の注意点 16.「飛節」を見るポイント 15.「後ろ脚の筋肉」の見かた 14.馬の生命線となる「蹄」 13.脚下のパーツ「球節」「繋」 12.前脚のパーツ「前腕」「膝」「管」 11.肺と心臓をあらわす「胸」 10.「尻」と「尻尾」の見かた 9.「背中」の見かたと「腹」との関係 8.「首」「き甲」「肩」を見る時のポイント 7.心を映し出す「目」と「耳」 6.理想的な「頭部」とは? 5.さまざまなプロポーションの見方 4.馬体のプロポーションから分かること 3.父に似ていることには意味がある 2.美点を見るか欠点を見るか 1.はじめに
(連載中)