各クラブ最新無料カタログをお届け
一口ライフをもっと楽しくもっと便利に! 一口馬主の総合情報サイト
2018-07-15現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 馬体の見かた講座
馬体の見かた講座
馬を見る上での考え方から各馬体パーツの基本、種牡馬毎の特徴、専門家へのインタビューも
治郎丸敬之 著 / 連載中

3.父に似ていることには意味がある

父の特徴を受け継いでいるかどうか

各馬体パーツの説明に入る前に、もうひとつ、特に種牡馬(父系)の馬体的特徴が―たとえそれが欠陥を含むものであるとしても―ストレートに現れている産駒は走る確率が高いことも知っておくべきでしょう。先ほども述べたように、今の日本の競走馬市場に出回っているほとんどのサラブレッドは売ることを目的として、その馬がレースで走ることを期待して生産されている以上、どうしても種牡馬の影響力は大きくなります。

母系が重要ではないということではなく、手っ取り早く走る馬をつくるならば、今でいうとサンデーサイレンスの血を持つ種牡馬をつければ良いということになります。そうした父系を中心とした生産や配合の考え方が主流の日本の競馬においては、種牡馬の能力を受け継いでいることがすなわち走る馬につながるのです。馬体全体のシルエットから各パーツに至るまで、競走馬としての実績がある父に似ていることには意味があり、父譲りの良い点を馬体的にもしっかりと受け継いでいるからこそ、この馬は走りそうだと評価するということです。

種牡馬の現役時の特徴を把握しやすい時代に

エルコンドルパサーやナカヤマフェスタを育てた二ノ宮敬宇調教師も、牧場で働いていたとき種牡馬の種付けにも携わっていた自身の経験から、種牡馬からの遺伝について強調されています。 …
本コンテンツは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文1471文字 (現在581文字まで表示)

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
著者
治郎丸敬之
新しい競馬の雑誌「ROUNDERS」編集長。週刊Gallopにてコラムを連載中。競馬ブログ「ガラスの競馬場」を主宰。当コラムの書籍も発売中
馬体の見かた講座
52.【種牡馬別】オルフェーヴル産駒編 51.下村獣医師に聞く6[丈夫な馬体とは] 50.下村獣医師に聞く5[気性の見分け方] 49.梁川正普氏インタビュー【後編】 48.梁川正普氏インタビュー【前編】 47.秋田博章氏インタビュー【後編】 46.秋田博章氏インタビュー【中編】 45.秋田博章氏インタビュー【前編】 44.下村獣医師に聞く4[脚元の健康] 43.下村獣医師に聞く3[ノドの病気] 42.下村獣医師に聞く2[疲れやすい馬体とは] 41.下村獣医師(社台F)に聞く1[OCDと骨瘤] 40.【応用理論】馬体評価プロセスの体系化 39.【応用理論】より実践的な馬体の見かたへ 38.【種牡馬別】シンボリクリスエス産駒編 37.【種牡馬別】ブラックタイド産駒編 36.【種牡馬別】クロフネ産駒編 35.【種牡馬別】ゴールドアリュール産駒編 34.【種牡馬別】ハービンジャー産駒編 33.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【後編】 32.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【中編】 31.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【前編】 30.【種牡馬別】ネオユニヴァース産駒編 29.【種牡馬別】ダイワメジャー産駒編 28.【種牡馬別】ハーツクライ産駒編 27.【種牡馬別】キングカメハメハ産駒編 26.【種牡馬別】ディープインパクト産駒編 25.岡田牧雄氏インタビュー【後編】 24.岡田牧雄氏インタビュー【中編】 23.岡田牧雄氏インタビュー【前編】 22.基礎編を振り返って 21.「歩様」は前から見ると分かりやすい 20.「歩様」を見る際の4つのポイント 19.歩き方の種類と「歩様」の基礎 18.「内向・外向」、「後肢」の肢勢 17.馬の肢勢~「前肢」の注意点 16.「飛節」を見るポイント 15.「後ろ脚の筋肉」の見かた 14.馬の生命線となる「蹄」 13.脚下のパーツ「球節」「繋」 12.前脚のパーツ「前腕」「膝」「管」 11.肺と心臓をあらわす「胸」 10.「尻」と「尻尾」の見かた 9.「背中」の見かたと「腹」との関係 8.「首」「き甲」「肩」を見る時のポイント 7.心を映し出す「目」と「耳」 6.理想的な「頭部」とは? 5.さまざまなプロポーションの見方 4.馬体のプロポーションから分かること 3.父に似ていることには意味がある 2.美点を見るか欠点を見るか 1.はじめに
(連載中)