2022-12-04現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 上手獣医師に聞く「募集時のウォーキング動画を見るときのポイントは?」 【馬体の見かた講座】
馬体の見かた講座
馬を見る上での考え方から各馬体パーツの基本、種牡馬毎の特徴、専門家へのインタビューも
治郎丸敬之 著 / 連載中

上手獣医師に聞く「募集時のウォーキング動画を見るときのポイントは?」

【前編】獣医師ならではの出資馬の選定方法
日々サラブレッドと向き合いながら、馬を見ることを仕事としている競馬関係者の方々へのインタビュー。今回は獣医師として全国を駆け巡り診療をしつつ、共有オーナーズクラブ「Equine Vet Owners Club」を立ち上げ、代表を務めている上手健太郎氏に登場いただきます。

上手健太郎(かみで けんたろう)さん プロフィール

1983年兵庫県生まれ。高校時代にニュージーランドに留学し、本格的に馬の世界を志す。酪農学園大学獣医学部獣医学科を卒業後、追分ファームにて獣医師兼騎乗員として従事。2017年に福島県南相馬市にて「南相馬アニマルクリニック」を開院。さらに2021年に地方競馬の共有オーナーズクラブ「Equine Vet Owners Club」を設立。脚元に不安を抱えている競走馬を買い取り、自ら治療を行って再び走らせるという他に類を見ないコンセプトのオーナーズクラブとして注目を集めている。

今回の前編では、ご自身も一口馬主として高確率で活躍馬を引き当てている上手獣医師に、一口馬主ファン向けの「走る馬の見極め方」について教えていただき、後編ではサラブレッドの疾患やその治療法ついて、いくつかの症例を交えながら紹介してもらいたいと思います。

馬乗り・獣医師・オーナーズクラブ代表・一口馬主

──上手さんは追分ファームで競走馬に騎乗して育成に携わったり、獣医師として東北地方をベースに関東の方まで飛び回って診療をしていたり、はたまた地方競馬の共有クラブ「Equine Vet Owners Club」を立ち上げたりと、異色の経歴を誇っていますね。

特にEquine Vet Owners Clubは、おもに脚元に不安を抱えている競走馬を買い取り、ご自身のチームで治療を行って地方で再起させるという、他に類を見ないコンセプトのオーナーズクラブです。

馬に乗れる獣医師として、そして共有クラブの代表として、上手さんがどのような観点で馬の馬体や動きを見て、走る馬と走らない馬を峻別しているのか非常に興味があります。

さらに上手さんは一口馬主としても種牡馬となったレイデオロ、最近でもキラーアビリティやコントラチェック、バーデンヴァイラーなどの活躍馬に出資されていると聞きました。先ほどMy馬ページを見せてもらいましたが、1世代2~3頭、合計50頭弱程度の出資馬から多数のG1馬・重賞馬を引き当て、1頭当たりの平均賞金は5000万を超えるという素晴らしい出資成績です。

せっかくなので読者の一口馬主ファンに向けて、まずは馬見のアドバイスからお願いします。



上手健太郎獣医師・Equine Vet Owners Club代表(以下、敬称略) 私は一口馬主DBの初期の初期から利用させていただいていますが、実は一口馬主だけで1000万円以上の賞金配当を受けています。もちろん、きちんと確定申告していますよ(笑)。

当たりを引くコツとしては、母系と父系の相性などの血統面ももちろん大事ですが、募集馬の馬体や動きはその「答え」として出てきているものであり、今回は具体的なそれらの見かたをお話させていただきます。

動画での「ナチュラルスピード」と「飛節のブレ」

── 一般の一口馬主は馬の動きをおもに募集時のウォーキング動画で確認することになりますね。 …
本コンテンツは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文7119文字 (現在1393文字まで表示)

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
前後の記事
第113回 上手獣医師に聞く「募集時のウォーキング動画を見るときのポイントは?」
著者
治郎丸敬之
新しい競馬の雑誌「ROUNDERS」編集長。週刊Gallopにてコラムを連載中。当コラムの書籍も発刊
馬体の見かた講座
上手獣医師に聞く「鼻出血や心房細動は再発しやすい?」 上手獣医師に聞く「募集時のウォーキング動画を見るときのポイントは?」 2022春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】 2022春クラシック活躍馬の馬体分析【牝馬編】 2022年ウインレーシングクラブ推奨1歳馬を見てきました 2022年社台サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました 2022年G1サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました [新種牡馬] レイデオロ・ニューイヤーズデイ産駒の傾向と対策 [新種牡馬] ブリックスアンドモルタル・スワーヴリチャード産駒の傾向と対策 斉藤崇史厩舎・福田調教助手に聞く「口向き」の深い話 競走馬の「口向きが悪い」とはどういうこと? 【種牡馬別】キズナ産駒編 競走馬の「背中が良い」とはどういうこと? 岡田牧雄氏に聞く 「現役種牡馬13頭の評価と馬体の見かた」 岡田牧雄氏に聞く「馬を見る上で大切にすべきこと」 インゼルTC代表に聞く 設立の経緯と推奨馬5頭 2021年活躍3歳馬の馬体分析【マイル・ダート編】 2021春クラシック活躍馬の馬体分析 社台サラブレッドクラブ 2021推奨募集馬インタビュー G1サラブレッドクラブ 2021推奨募集馬インタビュー [新種牡馬]マインドユアビスケッツ、サトノクラウン、レッドファルクス産駒の傾向と対策 [新種牡馬]サトノダイヤモンド、リアルスティール産駒の傾向と対策 【種牡馬別】ジャスタウェイ産駒編 「馬体の緩さ」をあらためて整理する【後編】 「馬体の緩さ」をあらためて整理する【前編】 【種牡馬別】エピファネイア産駒編 三冠牝馬デアリングタクトの全妹に会ってきました ファンディーナの初仔で学ぶ当歳馬の見かた 一口馬主は血統の割に「高い馬」「安い馬」どちらを狙うべきか 個人馬主として、重賞馬に出会うまでに学んだこと 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牝馬編】 G1サラブレッドクラブ 2020推奨募集馬インタビュー 社台サラブレッドクラブ 2020推奨募集馬インタビュー イスラボニータ、ロゴタイプ、サトノアラジン産駒の傾向と対策 ドレフォン、キタサンブラック産駒の傾向と対策 エピファネイア&キズナの好発進とこれからの社台SS 【種牡馬別】ルーラーシップ産駒編 下村獣医師に聞く[見学ツアーで馬を見るときのポイント] 下村獣医師に聞く[馬体が「ゆるい」とは?] 下村獣医師に聞く[去勢の狙いとメカニズム] ノーザンファーム空港でTCライオン募集馬を見てきました セリ市で学ぶ:馬を間近で見る実践 セリ市で学ぶ:背中の筋肉の見かた 馬体のメリハリ、目、顔つき 毛艶の良さから分かること 2019年社台サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました [新種牡馬]ミッキーアイル&エピファネイア・キズナ・リアルインパクト [新種牡馬]モーリス産駒の傾向と対策 [新種牡馬]ドゥラメンテ産駒の傾向と対策 新種牡馬の産駒を見る上で大切にすべきこと 【種牡馬別】キンシャサノキセキ産駒編 馬体のバランスを実例から見る 馬の動きを「メトロノーム」のイメージで見る 現役馬と1歳馬の違い、牡馬と牝馬の違い 「背中が良い」とはどんな馬? 素質以外に重要な要素 ゲートの出方は天性のもの? 胴体から距離適性を見分ける セリ上場馬とクラブ募集馬の違い 【種牡馬別】ロードカナロア産駒編 【種牡馬別】オルフェーヴル産駒編 下村獣医師に聞く6[丈夫な馬体とは] 下村獣医師に聞く5[気性の見分け方] 梁川正普氏インタビュー【後編】 梁川正普氏インタビュー【前編】 秋田博章氏インタビュー【後編】 秋田博章氏インタビュー【中編】 秋田博章氏インタビュー【前編】 下村獣医師に聞く4[脚元の健康] 下村獣医師に聞く3[ノドの病気] 下村獣医師に聞く2[疲れやすい馬体とは] 下村獣医師(社台F)に聞く1[OCDと骨瘤] 【応用理論】2)馬体評価プロセスの体系化 【応用理論】1)より実践的な馬体の見かたへ 【種牡馬別】シンボリクリスエス産駒編 【種牡馬別】ブラックタイド産駒編 【種牡馬別】クロフネ産駒編 【種牡馬別】ゴールドアリュール産駒編 【種牡馬別】ハービンジャー産駒編 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【後編】 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【中編】 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【前編】 【種牡馬別】ネオユニヴァース産駒編 【種牡馬別】ダイワメジャー産駒編 【種牡馬別】ハーツクライ産駒編 【種牡馬別】キングカメハメハ産駒編 【種牡馬別】ディープインパクト産駒編 岡田牧雄氏インタビュー【後編】 岡田牧雄氏インタビュー【中編】 岡田牧雄氏インタビュー【前編】 基礎編を振り返って 「歩様」は前から見ると分かりやすい 「歩様」を見る際の4つのポイント 歩き方の種類と「歩様」の基礎 「内向・外向」、「後肢」の肢勢 馬の肢勢~「前肢」の注意点 「飛節」を見るポイント 「後ろ脚の筋肉」の見かた 馬の生命線となる「蹄」 脚下のパーツ「球節」「繋」 前脚のパーツ「前腕」「膝」「管」 肺と心臓をあらわす「胸」 「尻」と「尻尾」の見かた 「背中」の見かたと「腹」との関係 「首」「き甲」「肩」を見る時のポイント 心を映し出す「目」と「耳」 理想的な「頭部」とは? さまざまなプロポーションの見方 馬体のプロポーションから分かること 父に似ていることには意味がある はじめに 美点を見るか欠点を見るか
(連載中)