2022-06-25現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > エピファネイア&キズナの好発進とこれからの社台SS 【馬体の見かた講座】
馬体の見かた講座
馬を見る上での考え方から各馬体パーツの基本、種牡馬毎の特徴、専門家へのインタビューも
治郎丸敬之 著 / 連載中

エピファネイア&キズナの好発進とこれからの社台SS

社台スタリオンステーション
徳武英介氏インタビュー2020 第1回
日々サラブレッドと向き合いながら、馬を見ることを仕事としている競馬関係者の方々へのインタビュー。今回は昨年に引き続き、社台スタリオンステーションの徳武英介さんに、エピファネイアやキズナの初年度産駒の活躍や、産駒デビュー間近のドゥラメンテといった最近のトピックス、そして今年1歳募集が開始されるキタサンブラックやドレフォンをはじめ5頭の新種牡馬について、出資時の産駒の選び方や馬体の見かたについて教えていただきます。(全3回)

社台スタリオンステーション (公式HP)

北海道勇払郡安平町。日本競馬界を代表する規模と実績を誇るスタリオン。リーディング上位種牡馬の多くを繋養。徳武英介さんは事務局で長年にわたり数々の名種牡馬に携わる。

*本年は社会情勢をふまえて、電話でのインタビュー形式でお話をおうかがいしました。お忙しい中ありがとうございました。

好スタートを切ったエピファネイア&キズナ

― 昨年は雪がまだ残っているような時期に、実際に種牡馬を見せてもらいながらお話しを聞かせていただき、とても勉強になりました。徳武さんから教えてもらったことは、このコラムの中だけではなく、僕がいろいろな場所で種牡馬について語るときにも参考にさせてもらっています。徳武さんがこのように言っていたと引用することもありますし、あたかも僕が最初から知っているようにドヤ顔で語りながら、(実は徳武さんがそう教えてくれたんだけどね)なんてこともあります(笑)。今年もこうして新種牡馬について、リアルでホットな情報を聞かせてもらうことができて幸せです。

ところで、エピファネイアとキズナが好調なスタートを切りましたね。エピファネイアは、デアリングタクトが桜花賞を勝って、初年度の産駒からクラシックホースを誕生させることに成功しました。



初年度産駒からクラシックホースを輩出したエピファネイア(2019年撮影)


徳武英介氏(以下、徳武) ディープインパクトやロードカナロア、ハーツクライといった大種牡馬たちの中に入っても、こうして結果を出しているのだから素晴らしいです。キズナの方が当初は話題性がありましたが、クラシックを獲る馬がエピファネイアから現れたように、現役時代と同じく良いライバル関係にあって面白いですし、この2頭は種牡馬としてもレベルが高いという証明にもなりました。デアリングタクトに関しては、桜花賞当日は雨が降ったことも、エピファネイアにとってはありがたかったですね。たとえ馬場が悪くても、ブレることなく真っ直ぐ走ってきて、1頭だけ違う脚でした。体幹の強さが遺伝しているのでしょう。

初年度産駒からクラシックホースを出したということは、大種牡馬になれる可能性が高いことを示しています。種牡馬としての資質の高さだけではなく、ここから一気に良質の繁殖牝馬が集まってくるからです。エピファネイアはもともと勝ち上がり率が高く、アベレージヒッター的な扱いだったのですが、大物を出したとなるとさらに期待は大きいですね。

もうひとつの視点としては、サンデーサイレンスの4×3の配合の馬がクラシックを勝ったということで、サンデーのクロスはどうか?という議論に終止符を打てるのかなということ。もしかすると、サンデーサイレンスのクロスの時代が来るのではないでしょうか。それから、エピファネイアを種付けしようとする方は、キングカメハメハの肌に合うのではないかと考えるはずです。成功例は真似されて当然ですから、父エピファネイアに母の父キングカメハメハという血統構成の馬は増えるはずです。

桜花賞を制したデアリングタクトの血統


― 昨年インタビューさせてもらったときも、キズナとエピファネイアについてはかなり評価をされていましたが、これだけの活躍は期待以上ということでしょうか。

徳武 そうですね。思っていた通りということもありますが、それぞれが持ち味を出しているのが嬉しいですね。今年の桜花賞は、馬場が湿ったことでエピファネイアに軍配が上がったということです。キズナが決して重い馬場を苦手とする訳ではないのですが、エピファネイアはその父シンボリクリスエスから伝わる圧倒的なパワーを受け継いでいますから。



― キズナもエピファネイアも、日高地方の生産馬からも活躍馬が出ているように、遺伝力が非常に強いですね。

徳武 2頭ともに、最初は種付け料が比較的安く設定されていたこともあり、付けやすかった面もあると思います。キズナはオーナーサイドのご厚意もありましたが、エピファネイアは未知数なところがあり、ともに250万円スタートになったことも良かったのではないでしょうか。昔で言うと、フジキセキは日高の生産者の方々に応援されて成長していったというストーリーがあります。おかげさまで今年も、キズナにもエピファネイアにも種付けの申し込みが殺到していますよ。

産駒デビュー間近のドゥラメンテ、存在感を増すハーツクライ

― 昨年のインタビューで詳しく教えていただいたドゥラメンテはいかがでしょうか?あれから1年が経ち、産駒たちも見違えるほどに成長を遂げているのではないかと思います。


徳武 デビューが楽しみですね。 …
本コンテンツは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文4248文字 (現在2160文字まで表示)

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
前後の記事
第78回 エピファネイア&キズナの好発進とこれからの社台SS
著者
治郎丸敬之
新しい競馬の雑誌「ROUNDERS」編集長。週刊Gallopにてコラムを連載中。当コラムの書籍も発刊
馬体の見かた講座
2022年社台サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました 2022年G1サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました [新種牡馬] レイデオロ・ニューイヤーズデイ産駒の傾向と対策 [新種牡馬] ブリックスアンドモルタル・スワーヴリチャード産駒の傾向と対策 斉藤崇史厩舎・福田調教助手に聞く「口向き」の深い話 競走馬の「口向きが悪い」とはどういうこと? 【種牡馬別】キズナ産駒編 競走馬の「背中が良い」とはどういうこと? 岡田牧雄氏に聞く 「現役種牡馬13頭の評価と馬体の見かた」 岡田牧雄氏に聞く「馬を見る上で大切にすべきこと」 インゼルTC代表に聞く 設立の経緯と推奨馬5頭 2021年活躍3歳馬の馬体分析【マイル・ダート編】 2021春クラシック活躍馬の馬体分析 社台サラブレッドクラブ 2021推奨募集馬インタビュー G1サラブレッドクラブ 2021推奨募集馬インタビュー [新種牡馬]マインドユアビスケッツ、サトノクラウン、レッドファルクス産駒の傾向と対策 [新種牡馬]サトノダイヤモンド、リアルスティール産駒の傾向と対策 【種牡馬別】ジャスタウェイ産駒編 「馬体の緩さ」をあらためて整理する【後編】 「馬体の緩さ」をあらためて整理する【前編】 【種牡馬別】エピファネイア産駒編 三冠牝馬デアリングタクトの全妹に会ってきました ファンディーナの初仔で学ぶ当歳馬の見かた 一口馬主は血統の割に「高い馬」「安い馬」どちらを狙うべきか 個人馬主として、重賞馬に出会うまでに学んだこと 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牝馬編】 G1サラブレッドクラブ 2020推奨募集馬インタビュー 社台サラブレッドクラブ 2020推奨募集馬インタビュー イスラボニータ、ロゴタイプ、サトノアラジン産駒の傾向と対策 ドレフォン、キタサンブラック産駒の傾向と対策 エピファネイア&キズナの好発進とこれからの社台SS 【種牡馬別】ルーラーシップ産駒編 下村獣医師に聞く[見学ツアーで馬を見るときのポイント] 下村獣医師に聞く[馬体が「ゆるい」とは?] 下村獣医師に聞く[去勢の狙いとメカニズム] ノーザンファーム空港でTCライオン募集馬を見てきました セリ市で学ぶ:馬を間近で見る実践 セリ市で学ぶ:背中の筋肉の見かた 馬体のメリハリ、目、顔つき 毛艶の良さから分かること 2019年社台サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました [新種牡馬]ミッキーアイル&エピファネイア・キズナ・リアルインパクト [新種牡馬]モーリス産駒の傾向と対策 [新種牡馬]ドゥラメンテ産駒の傾向と対策 新種牡馬の産駒を見る上で大切にすべきこと 【種牡馬別】キンシャサノキセキ産駒編 馬体のバランスを実例から見る 馬の動きを「メトロノーム」のイメージで見る 現役馬と1歳馬の違い、牡馬と牝馬の違い 「背中が良い」とはどんな馬? 素質以外に重要な要素 ゲートの出方は天性のもの? 胴体から距離適性を見分ける セリ上場馬とクラブ募集馬の違い 【種牡馬別】ロードカナロア産駒編 【種牡馬別】オルフェーヴル産駒編 下村獣医師に聞く6[丈夫な馬体とは] 下村獣医師に聞く5[気性の見分け方] 梁川正普氏インタビュー【後編】 梁川正普氏インタビュー【前編】 秋田博章氏インタビュー【後編】 秋田博章氏インタビュー【中編】 秋田博章氏インタビュー【前編】 下村獣医師に聞く4[脚元の健康] 下村獣医師に聞く3[ノドの病気] 下村獣医師に聞く2[疲れやすい馬体とは] 下村獣医師(社台F)に聞く1[OCDと骨瘤] 【応用理論】2)馬体評価プロセスの体系化 【応用理論】1)より実践的な馬体の見かたへ 【種牡馬別】シンボリクリスエス産駒編 【種牡馬別】ブラックタイド産駒編 【種牡馬別】クロフネ産駒編 【種牡馬別】ゴールドアリュール産駒編 【種牡馬別】ハービンジャー産駒編 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【後編】 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【中編】 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【前編】 【種牡馬別】ネオユニヴァース産駒編 【種牡馬別】ダイワメジャー産駒編 【種牡馬別】ハーツクライ産駒編 【種牡馬別】キングカメハメハ産駒編 【種牡馬別】ディープインパクト産駒編 岡田牧雄氏インタビュー【後編】 岡田牧雄氏インタビュー【中編】 岡田牧雄氏インタビュー【前編】 基礎編を振り返って 「歩様」は前から見ると分かりやすい 「歩様」を見る際の4つのポイント 歩き方の種類と「歩様」の基礎 「内向・外向」、「後肢」の肢勢 馬の肢勢~「前肢」の注意点 「飛節」を見るポイント 「後ろ脚の筋肉」の見かた 馬の生命線となる「蹄」 脚下のパーツ「球節」「繋」 前脚のパーツ「前腕」「膝」「管」 肺と心臓をあらわす「胸」 「尻」と「尻尾」の見かた 「背中」の見かたと「腹」との関係 「首」「き甲」「肩」を見る時のポイント 心を映し出す「目」と「耳」 理想的な「頭部」とは? さまざまなプロポーションの見方 馬体のプロポーションから分かること 父に似ていることには意味がある 美点を見るか欠点を見るか はじめに
(連載中)