2024-04-12現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 2023年社台サラブレッドクラブ募集馬インタビュー 【馬体の見かた講座】
馬体の見かた講座
馬を見る上での考え方から各馬体パーツの基本、種牡馬毎の特徴、専門家へのインタビューも
治郎丸敬之 著 / 連載中

2023年社台サラブレッドクラブ募集馬インタビュー

社台TC/社台ファームインタビュー2023
続いては社台サラブレッドクラブの2023年1歳募集馬の紹介です。今年も10頭の推奨募集馬を取材させていただきましたので、その模様をお届けします。


―― 2019年に初めてインタビューさせていただいてから、まさに右肩上がりの勢いで現在に至る気がします。今年は皐月賞馬ソールオリエンスが誕生したのみならず、シングザットソングやライトクオンタムが重賞制覇を飾り、クラシック戦線を盛り上げました。いよいよ今週末に日本ダービーが迫っていますが、牧場はどのような雰囲気でしょうか?

※本インタビューは日本ダービーの2日前に行われました。


皐月賞を制したソールオリエンス


社台ファーム 青田氏(以下、青田) やはり緊張感がありますね。高い評価をいただいたまま日本ダービーに臨みますので、私たちが緊張しても仕方ないのでしょうけど、期待と不安が入り混じった気持ちです。現場でたずさわっている方々のプレッシャーは計り知れないと思いますので、ソールオリエンスが力を出し切ってくれるように私たちは応援するのみです。


―― 今となっては、日本ダービーで圧倒的な人気に推されるほどになったソールオリエンスですが、頭角を現すというか、この馬は走ると誰もが思うようになったのはいつ頃からでしょうか?


青田 今思い返してみると、北海道で育成が始まったときから乗り味や動きの評価は高かったです。もちろん、募集時期にも見栄えがする馬でしたし、血統的なバックボーンもありましたから、これぐらいの値段(募集価格6000万円)がつくのは納得できました。さらに動かし始めてからの雰囲気も良かったので、素直に嬉しかったですね。

クラブの馬からこうしてクラシックを勝つような馬が現れると、会員さんたちにもやはり社台サラブレッドクラブは違うなと思ってもらえますので、これからも大きなタイトルを獲りたいと思っています。


―― この記事を読んでくださる方々も、ソールオリエンスのような馬に出資したいと思っているはずですから、ぜひおすすめの馬を教えてください。今回は牡馬4頭・牝馬6頭、計10頭の推奨馬を挙げてくださっています。


※以下、当日のインタビュー順に紹介しており、各馬の並びは推奨の順位を示すものではございません。
※文中の各馬状態などはインタビュー時点(2023年5月下旬頃)の情報となります。

【1】アブソリュートレディの22(・募集番号 2)

2/15 美浦 菊沢隆徳 厩舎予定
エピファネイア (母父 Galileo)
5000万円 / 40 (1口 125万円)
── まずは関東馬からお話をお聞かせください。最初はアブソリュートレディの22です。母アブソリュートレディはフランス2冠牝馬ラクレソニエールを誕生させました。本馬はラクレソニエールの半妹ということになります。


青田 全身から走りそうな雰囲気を醸し出していますね。動きのあらゆるところが滑らかで、顔が小さく、気性的には落ち着いており、良血馬らしさが表に出ています。


── 日本で走っている上の兄姉たちは、グラヴィル(父Le Havre)が中央で2勝、アーティット(父ディープインパクト)は4勝を挙げています。どちらも馬格に恵まれていますね。本馬は父にエピファネイアを迎え、どのようなタイプに育ちそうでしょうか?


青田 馬体のサイズ的には、デビューする頃には450kgの中型を超えてくると思いますよ。大型馬ではありませんが、エピファネイア産駒らしくボリューム感はあります。余計なことをしませんし、手が掛からない馬です。体調の良さが伝わるように、カタログの写真も非常に見栄えがしますね。




【2】ラブリーベルナデットの22(・募集番号 7)

2/20 美浦 高柳瑞樹 厩舎予定
キズナ (母父 Wilburn)
8000万円 / 40 (1口 200万円)
── 続いて、ラブリーベルナデットの22です。 …
本コンテンツは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文8710文字 (現在1711文字まで表示)

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
前後の記事
第123回 2023年社台サラブレッドクラブ募集馬インタビュー
著者
治郎丸敬之
新しい競馬の雑誌「ROUNDERS」編集長。週刊Gallopにてコラムを連載中。当コラムの書籍も発刊
馬体の見かた講座
生産者に聞く「スタリオンパレードでの種牡馬の見かた」 【種牡馬別】キタサンブラック産駒の見かた 「腰の高さ」と「胴伸び」に見る競走馬の成長曲線 競走馬のメンテナンス・手前替え・息の入り 馬の歩きを見るプロ・佐藤駿さんに聞く走る馬の見分け方 2023春クラシック活躍馬の馬体分析【牝馬編】 2023春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】 2023年ウインレーシングクラブ募集馬インタビュー 2023年社台サラブレッドクラブ募集馬インタビュー 2023年G1サラブレッドクラブ募集馬インタビュー [新種牡馬] ナダル、ルヴァンスレーヴ産駒の傾向と対策 [新種牡馬] サートゥルナーリア、アドマイヤマーズ産駒の傾向と対策 最近の社台SS~オルフェーヴルとキタサンブラック 「キ甲の成長」と「適性」の関係を実例から学ぶ 【種牡馬別】モーリス産駒編 【種牡馬別】ドゥラメンテ産駒編 出資馬の「未来の姿」を想像するために必要なこと 上手獣医師に聞く「鼻出血や心房細動は再発しやすい?」 上手獣医師に聞く「募集時のウォーキング動画を見るときのポイントは?」 2022春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】 2022春クラシック活躍馬の馬体分析【牝馬編】 2022年ウインレーシングクラブ推奨1歳馬を見てきました 2022年社台サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました 2022年G1サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました [新種牡馬] レイデオロ・ニューイヤーズデイ産駒の傾向と対策 [新種牡馬] ブリックスアンドモルタル・スワーヴリチャード産駒の傾向と対策 斉藤崇史厩舎・福田調教助手に聞く「口向き」の深い話 競走馬の「口向きが悪い」とはどういうこと? 【種牡馬別】キズナ産駒編 競走馬の「背中が良い」とはどういうこと? 岡田牧雄氏に聞く 「現役種牡馬13頭の評価と馬体の見かた」 岡田牧雄氏に聞く「馬を見る上で大切にすべきこと」 インゼルTC代表に聞く 設立の経緯と推奨馬5頭 2021年活躍3歳馬の馬体分析【マイル・ダート編】 2021春クラシック活躍馬の馬体分析 社台サラブレッドクラブ 2021推奨募集馬インタビュー G1サラブレッドクラブ 2021推奨募集馬インタビュー [新種牡馬]マインドユアビスケッツ、サトノクラウン、レッドファルクス産駒の傾向と対策 [新種牡馬]サトノダイヤモンド、リアルスティール産駒の傾向と対策 【種牡馬別】ジャスタウェイ産駒編 「馬体の緩さ」をあらためて整理する【後編】 「馬体の緩さ」をあらためて整理する【前編】 【種牡馬別】エピファネイア産駒編 三冠牝馬デアリングタクトの全妹に会ってきました ファンディーナの初仔で学ぶ当歳馬の見かた 一口馬主は血統の割に「高い馬」「安い馬」どちらを狙うべきか 個人馬主として、重賞馬に出会うまでに学んだこと 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牡馬編】 2020春クラシック活躍馬の馬体分析【牝馬編】 G1サラブレッドクラブ 2020推奨募集馬インタビュー 社台サラブレッドクラブ 2020推奨募集馬インタビュー イスラボニータ、ロゴタイプ、サトノアラジン産駒の傾向と対策 ドレフォン、キタサンブラック産駒の傾向と対策 エピファネイア&キズナの好発進とこれからの社台SS 【種牡馬別】ルーラーシップ産駒編 下村獣医師に聞く[見学ツアーで馬を見るときのポイント] 下村獣医師に聞く[馬体が「ゆるい」とは?] 下村獣医師に聞く[去勢の狙いとメカニズム] ノーザンファーム空港でTCライオン募集馬を見てきました セリ市で学ぶ:馬を間近で見る実践 セリ市で学ぶ:背中の筋肉の見かた 馬体のメリハリ、目、顔つき 毛艶の良さから分かること 2019年社台サラブレッドクラブ推奨1歳馬を見てきました [新種牡馬]ミッキーアイル&エピファネイア・キズナ・リアルインパクト [新種牡馬]モーリス産駒の傾向と対策 [新種牡馬]ドゥラメンテ産駒の傾向と対策 新種牡馬の産駒を見る上で大切にすべきこと 【種牡馬別】キンシャサノキセキ産駒編 馬体のバランスを実例から見る 馬の動きを「メトロノーム」のイメージで見る 現役馬と1歳馬の違い、牡馬と牝馬の違い 「背中が良い」とはどんな馬? 素質以外に重要な要素 ゲートの出方は天性のもの? 胴体から距離適性を見分ける セリ上場馬とクラブ募集馬の違い 【種牡馬別】ロードカナロア産駒編 【種牡馬別】オルフェーヴル産駒編 下村獣医師に聞く6[丈夫な馬体とは] 下村獣医師に聞く5[気性の見分け方] 梁川正普氏インタビュー【後編】 梁川正普氏インタビュー【前編】 秋田博章氏インタビュー【後編】 秋田博章氏インタビュー【中編】 秋田博章氏インタビュー【前編】 下村獣医師に聞く4[脚元の健康] 下村獣医師に聞く3[ノドの病気] 下村獣医師に聞く2[疲れやすい馬体とは] 下村獣医師(社台F)に聞く1[OCDと骨瘤] 【応用理論】2)馬体評価プロセスの体系化 【応用理論】1)より実践的な馬体の見かたへ 【種牡馬別】シンボリクリスエス産駒編 【種牡馬別】ブラックタイド産駒編 【種牡馬別】クロフネ産駒編 【種牡馬別】ゴールドアリュール産駒編 【種牡馬別】ハービンジャー産駒編 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【後編】 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【中編】 ハリー・スウィーニ氏インタビュー【前編】 【種牡馬別】ネオユニヴァース産駒編 【種牡馬別】ダイワメジャー産駒編 【種牡馬別】ハーツクライ産駒編 【種牡馬別】キングカメハメハ産駒編 【種牡馬別】ディープインパクト産駒編 岡田牧雄氏インタビュー【後編】 岡田牧雄氏インタビュー【中編】 岡田牧雄氏インタビュー【前編】 基礎編を振り返って 「歩様」は前から見ると分かりやすい 「歩様」を見る際の4つのポイント 歩き方の種類と「歩様」の基礎 「内向・外向」、「後肢」の肢勢 馬の肢勢~「前肢」の注意点 「飛節」を見るポイント 「後ろ脚の筋肉」の見かた 馬の生命線となる「蹄」 脚下のパーツ「球節」「繋」 前脚のパーツ「前腕」「膝」「管」 肺と心臓をあらわす「胸」 「尻」と「尻尾」の見かた 「背中」の見かたと「腹」との関係 「首」「き甲」「肩」を見る時のポイント 心を映し出す「目」と「耳」 理想的な「頭部」とは? さまざまなプロポーションの見方 馬体のプロポーションから分かること 父に似ていることには意味がある 美点を見るか欠点を見るか はじめに
(連載中)