各クラブ最新無料カタログをお届け
一口ライフをもっと楽しくもっと便利に! 一口馬主の総合情報サイト
2018-06-23現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 馬体の見かた講座
馬体の見かた講座
馬を見る上での考え方から各馬体パーツの基本、種牡馬毎の特徴、専門家へのインタビューも
治郎丸敬之 著 / 連載中

50.下村優樹獣医師(社台F)インタビュー【第5回】 [気性を見分けるポイント]

大変お待たせいたしました。社台ファームで獣医師として活躍する下村優樹さんへのインタビュー5回目です。ここからはいよいよ、馬を見分ける具体的なポイントについてうかがいます。今回はカイ食いや気性面について、専門家ならではの解説を頂きました。(下村獣医師への過去インタビューはこちら「第1回」「第2回」「第3回」「第4回」)

「顎(あご)」から見える将来性

―育成期から競走期に発症しやすい主な疾患について教えていただいたところで、このインタビューのテーマでもある、怪我をしない馬、健康な馬を見分けるポイントについて話を進めていきましょう。

下村優樹獣医師(以下、下村) 基本的に、競走馬として長く現役生活を送るためには、そこに至るまでも順調に来ていることが重要だと思います。母馬のお腹に宿ったときから私たちが管理し、生まれてからは、その馬の持っている素質や身体をいかに傷つけることなく、可能性を伸ばし、競馬場に送り出せるかどうかです。

乗り運動を始める前に大事なことは、しっかりと食べさせ、運動をさせて、蹄の管理をすることです。しっかりと食べれば体も大きくなりますし、体をつくるためには運動が必要ですし、脚先がしっかりしていないと走れませんからね。それらの点で順調に来ている馬こそが、これから競馬場に行って走る馬です。

それでは、具体的にどこを見るべきでしょうか。まず顎っぱりが良い馬は、しっかり食べていることの証明です。顎がしっかりしている馬で食べない馬はほとんどいません。顔の拡大図などで横顔を見てみると、顎が張り出ていることが分かると思います。育成期に入る前の募集の時点で、しっかりと食べられていないひ弱な馬は、この先、ストレスが掛かってきたときに不安があります。十分に食べることができないと、十分な調教が積めなくなり、馬体の成長も遅れてしまいます。


―馬の顎というのは、しっかりと食べているから大きくなるのでしょうか、それとも元々の骨格として顎が大きいからしっかりと食べられるのでしょうか。

下村 もともとの骨格もあるかもしれませんが、しっかりと食べるから顎が大きくなるという面はあります。顎っぱりが急激に良くなった馬のことをスタッフに聞いてみると、しっかりと食べられるようになったと言いますからね。馬というのは、寝ている以外はほとんどの時間採食行動をする動物なんです。よく動かしている部位が鍛えられて、発達してくるのは当然です。

「顔つき」「目つき」から性格を読む

下村 怪我をしない健康な馬というと、骨や体が丈夫というイメージがあるかもしれませんが、私はその前に性格ですとか、その馬の本質に獣医師として注目しています。 …
本コンテンツは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文2271文字 (現在1141文字まで表示)

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
著者
治郎丸敬之
新しい競馬の雑誌「ROUNDERS」編集長。週刊Gallopにてコラムを連載中。競馬ブログ「ガラスの競馬場」を主宰。当コラムの書籍も発売中
馬体の見かた講座
51.下村獣医師に聞く6[丈夫な馬体とは] 50.下村獣医師に聞く5[気性の見分け方] 49.梁川正普氏インタビュー【後編】 48.梁川正普氏インタビュー【前編】 47.秋田博章氏インタビュー【後編】 46.秋田博章氏インタビュー【中編】 45.秋田博章氏インタビュー【前編】 44.下村獣医師に聞く4[脚元の健康] 43.下村獣医師に聞く3[ノドの病気] 42.下村獣医師に聞く2[疲れやすい馬体とは] 41.下村獣医師(社台F)に聞く1[OCDと骨瘤] 40.【応用理論】馬体評価プロセスの体系化 39.【応用理論】より実践的な馬体の見かたへ 38.【種牡馬別】シンボリクリスエス産駒編 37.【種牡馬別】ブラックタイド産駒編 36.【種牡馬別】クロフネ産駒編 35.【種牡馬別】ゴールドアリュール産駒編 34.【種牡馬別】ハービンジャー産駒編 33.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【後編】 32.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【中編】 31.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【前編】 30.【種牡馬別】ネオユニヴァース産駒編 29.【種牡馬別】ダイワメジャー産駒編 28.【種牡馬別】ハーツクライ産駒編 27.【種牡馬別】キングカメハメハ産駒編 26.【種牡馬別】ディープインパクト産駒編 25.岡田牧雄氏インタビュー【後編】 24.岡田牧雄氏インタビュー【中編】 23.岡田牧雄氏インタビュー【前編】 22.基礎編を振り返って 21.「歩様」は前から見ると分かりやすい 20.「歩様」を見る際の4つのポイント 19.歩き方の種類と「歩様」の基礎 18.「内向・外向」、「後肢」の肢勢 17.馬の肢勢~「前肢」の注意点 16.「飛節」を見るポイント 15.「後ろ脚の筋肉」の見かた 14.馬の生命線となる「蹄」 13.脚下のパーツ「球節」「繋」 12.前脚のパーツ「前腕」「膝」「管」 11.肺と心臓をあらわす「胸」 10.「尻」と「尻尾」の見かた 9.「背中」の見かたと「腹」との関係 8.「首」「き甲」「肩」を見る時のポイント 7.心を映し出す「目」と「耳」 6.理想的な「頭部」とは? 5.さまざまなプロポーションの見方 4.馬体のプロポーションから分かること 3.父に似ていることには意味がある 2.美点を見るか欠点を見るか 1.はじめに
(連載中)