各クラブ最新無料カタログをお届け
一口ライフをもっと楽しくもっと便利に! 一口馬主の総合情報サイト
無料会員登録はこちらから
2017-12-16現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 馬体の見かた講座
馬体の見かた講座
馬を見る上での考え方から各馬体パーツの基本、種牡馬毎の特徴、専門家へのインタビューも
治郎丸敬之 著 / 連載中

36.【種牡馬別】クロフネ産駒の見かた

今回はクロフネについて語っていきたいと思います。7月9日の中京8レース(500万下、ダート1800m戦)にて、クロフネ産駒がJRA通算1200勝を達成したというニュースを受けたことがきっかけです。ダートの条件戦で記念すべき勝利を達成したのがクロフネらしく、またいつの間にか1200勝を積み上げてきたことにも驚かされました。種牡馬の勝利数としては歴代11位の記録だそうです。どのような種牡馬たちがトップテンを占めているのか気になって、調べてみました。

種牡馬別産駒のJRA通算勝利数
1位 サンデーサイレンス 2749勝
2位 ノーザンテースト 1757勝
3位 ブライアンズタイム 1705勝
4位 フジキセキ 1516勝
5位 キングカメハメハ 1484勝
6位 サクラバクシンオー 1419勝
7位 ライジングフレーム 1379勝
8位 ディープインパクト 1273勝
9位 パーソロン 1272勝
10位 ヒンドスタン 1258勝
(2017年7月9日時点)

改めてこうして眺めてみると、1位のサンデーサイレンスと2位のノーザンテーストの間に1000勝近い差があることに驚愕しますし、ライジングフレームやパーソロン、ヒンドスタンといった、一世を風靡したそうそうたる面子が並んでいますね。これから先、ディープインパクトがもの凄い勢いで上位に迫っていくでしょうし(父を超えることができるでしょうか)、キングカメハメハも数字を伸ばすことは間違いありません。この名種牡馬クラブに、クロフネも仲間入りしようとしているのです。

クロフネ自身の特徴

産駒がそれだけ走っているにもかかわらず、クロフネがとても名種牡馬のようには思えないのは、やはり大物を出していないからでしょう。出していないというと語弊がありますが、あえて言えばスプリンターズステークスを勝ったスリープレスナイトやカレンチャンぐらいで、牡馬としてはフサイチリシャールやクラリティスカイはいても、これといった後継者も今のところいないのが実状です。それでも1200勝を挙げているのは、産駒がそれぞれにコンスタントに走っていることの証明でしょう。大きく突き抜ける馬はいませんが、早熟を生かして勝ち上がり、健康で丈夫であるおかげで長く走り続けられる。そういう意味においては、一口馬主にとっては相性の良い種牡馬なのかもしれません。

クロフネは現役時代からそうでしたが、種牡馬になっても、非の付けどころのない立派な馬体を誇っています。背が高く、力強く発達した前駆とそれを支える立派なトモ、胴部には十分な長さがあり、特に前肢が真っ直ぐに伸びて、膝より上が太くて力強く、膝より下がやや短くてスッと立っています。そして何よりも、これだけの好馬体に加え、顔つきからは大人しくて賢い、精神性の高さが伝わってきます。肉体的な強さと精神面での安定こそが、クロフネの最大の特徴でした。それは堅実さとして産駒たちに受け継がれています。

活躍したクラブ馬クロフネ産駒の馬体

クロフネ産駒たちの馬体に目を移しましょう。 …
本コンテンツは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文3318文字 (現在1309文字まで表示)

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
馬体の見かた講座
41.下村獣医師(社台F)に聞く1[OCDと骨瘤] 40.【応用理論】馬体評価プロセスの体系化 39.【応用理論】より実践的な馬体の見かたへ 38.【種牡馬別】シンボリクリスエス産駒編 37.【種牡馬別】ブラックタイド産駒編 36.【種牡馬別】クロフネ産駒編 35.【種牡馬別】ゴールドアリュール産駒編 34.【種牡馬別】ハービンジャー産駒編 33.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【後編】 32.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【中編】 31.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【前編】 30.【種牡馬別】ネオユニヴァース産駒編 29.【種牡馬別】ダイワメジャー産駒編 28.【種牡馬別】ハーツクライ産駒編 27.【種牡馬別】キングカメハメハ産駒編 26.【種牡馬別】ディープインパクト産駒編 25.岡田牧雄氏インタビュー【後編】 24.岡田牧雄氏インタビュー【中編】 23.岡田牧雄氏インタビュー【前編】 22.基礎編を振り返って 21.「歩様」は前から見ると分かりやすい 20.「歩様」を見る際の4つのポイント 19.歩き方の種類と「歩様」の基礎 18.「内向・外向」、「後肢」の肢勢 17.馬の肢勢~「前肢」の注意点 16.「飛節」を見るポイント 15.「後ろ脚の筋肉」の見かた 14.馬の生命線となる「蹄」 13.脚下のパーツ「球節」「繋」 12.前脚のパーツ「前腕」「膝」「管」 11.肺と心臓をあらわす「胸」 10.「尻」と「尻尾」の見かた 9.「背中」の見かたと「腹」との関係 8.「首」「き甲」「肩」を見る時のポイント 7.心を映し出す「目」と「耳」 6.理想的な「頭部」とは? 5.さまざまなプロポーションの見方 4.馬体のプロポーションから分かること 3.父に似ていることには意味がある 2.美点を見るか欠点を見るか 1.はじめに
(連載中)
著者
治郎丸敬之
新しい競馬の雑誌「ROUNDERS」編集長。競馬ブログ「ガラスの競馬場」を主宰。週刊Gallopにてコラムを連載中。