各クラブ最新無料カタログをお届け
一口ライフをもっと楽しくもっと便利に! 一口馬主の総合情報サイト
2018-07-15現在データ
HOME > ノウハウ読み物 > 馬体の見かた講座
馬体の見かた講座
馬を見る上での考え方から各馬体パーツの基本、種牡馬毎の特徴、専門家へのインタビューも
治郎丸敬之 著 / 連載中

18.「内向・外向」、「後肢」の肢勢

前回に引き続き、サラブレッドの肢勢について語ります。今回は、前肢を前方から見たとき、また後肢を側方と後方から見たときの不正肢勢について。

前肢を前から見た時の肢勢のポイント

前述したように、前肢を前から見たとき、肩端の中央から下した垂線が、膝、管、球節、蹄を通って、これらを二等分しているように見えるものが正肢勢です。前肢が上から下まで真っ直ぐに降りているからこそ、このような肢勢になります。

これに対し、前肢が上から下にいくにつれてお互いに接近して狭くなるような肢勢を狭踏(せまぶみ・きょうとう)肢勢と呼び、胸の幅の広い馬によく見られる肢勢です。ちなみに私の飼っているトイプードルは完全な狭踏肢勢です。正面から見ると、ボディービルダーの決めポーズのように、前肢がOの字を描いているのが分かります。サラブレッドの場合は、そこまで極端な狭踏肢勢の馬はいませんが、狭踏肢勢になると蹄の一部分に体重が掛かりやすくなるため、蹄の形が変形してしまうことがあります。また、蹄の形だけではなく歩き方まで変わってしまい、外に弧を描くように歩くこと(内弧歩様)で球節や蹄が互いにぶつかってしまうこともあり、怪我や故障につながりやすくなるのです。内弧歩様については、次回、歩様について語るときに詳しく説明しますね。

狭踏肢勢と逆に、広踏(ひろぶみ・こうとう)肢勢は、胸の幅の狭い馬によく見られる肢勢であり、前肢が上から下にいくにつれて互いに離れてゆくような肢勢を指します。広踏肢勢の馬は内側に向けて弧を描くような歩き方(外弧歩様)になり、こちらも球節や管の内側に蹄をぶつけてしまい怪我をすることが多くなります。実際に走るときには、パワーが左右に逃げてしまいやすくなり、スピードを損なうとされています。

極端な狭踏肢勢や広踏肢勢が好まれないのは、肢が内側にねじれたり、外側にねじれたりすることにも理由があります。膝の関節、球節、そして蹄の方向が内側に向かっていることを内向肢勢、外側に向かっていることを外向肢勢と言います。いわゆる内向、外向と呼ばれる肢勢です。狭踏肢勢の馬は内向、広踏肢勢の馬は外向しやすくなります。

内向を克服した名馬

一本の線の上を走るような、美しい走りをする馬の代表例として紹介したベガは、実は内向のあった馬でした。 …
本コンテンツは、プレミアム会員登録でご覧いただけます。
全文2887文字 (現在970文字まで表示)

プレミアム会員ご案内
すでにプレミアム会員の方は ログイン してご覧ください
著者
治郎丸敬之
新しい競馬の雑誌「ROUNDERS」編集長。週刊Gallopにてコラムを連載中。競馬ブログ「ガラスの競馬場」を主宰。当コラムの書籍も発売中
馬体の見かた講座
52.【種牡馬別】オルフェーヴル産駒編 51.下村獣医師に聞く6[丈夫な馬体とは] 50.下村獣医師に聞く5[気性の見分け方] 49.梁川正普氏インタビュー【後編】 48.梁川正普氏インタビュー【前編】 47.秋田博章氏インタビュー【後編】 46.秋田博章氏インタビュー【中編】 45.秋田博章氏インタビュー【前編】 44.下村獣医師に聞く4[脚元の健康] 43.下村獣医師に聞く3[ノドの病気] 42.下村獣医師に聞く2[疲れやすい馬体とは] 41.下村獣医師(社台F)に聞く1[OCDと骨瘤] 40.【応用理論】馬体評価プロセスの体系化 39.【応用理論】より実践的な馬体の見かたへ 38.【種牡馬別】シンボリクリスエス産駒編 37.【種牡馬別】ブラックタイド産駒編 36.【種牡馬別】クロフネ産駒編 35.【種牡馬別】ゴールドアリュール産駒編 34.【種牡馬別】ハービンジャー産駒編 33.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【後編】 32.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【中編】 31.ハリー・スウィーニ氏インタビュー【前編】 30.【種牡馬別】ネオユニヴァース産駒編 29.【種牡馬別】ダイワメジャー産駒編 28.【種牡馬別】ハーツクライ産駒編 27.【種牡馬別】キングカメハメハ産駒編 26.【種牡馬別】ディープインパクト産駒編 25.岡田牧雄氏インタビュー【後編】 24.岡田牧雄氏インタビュー【中編】 23.岡田牧雄氏インタビュー【前編】 22.基礎編を振り返って 21.「歩様」は前から見ると分かりやすい 20.「歩様」を見る際の4つのポイント 19.歩き方の種類と「歩様」の基礎 18.「内向・外向」、「後肢」の肢勢 17.馬の肢勢~「前肢」の注意点 16.「飛節」を見るポイント 15.「後ろ脚の筋肉」の見かた 14.馬の生命線となる「蹄」 13.脚下のパーツ「球節」「繋」 12.前脚のパーツ「前腕」「膝」「管」 11.肺と心臓をあらわす「胸」 10.「尻」と「尻尾」の見かた 9.「背中」の見かたと「腹」との関係 8.「首」「き甲」「肩」を見る時のポイント 7.心を映し出す「目」と「耳」 6.理想的な「頭部」とは? 5.さまざまなプロポーションの見方 4.馬体のプロポーションから分かること 3.父に似ていることには意味がある 2.美点を見るか欠点を見るか 1.はじめに
(連載中)